辛かった、寒かった・・・

みなさんこんばんは♪
日本は三連休ですね☆


最近、映画の会員になったのでたくさん映画を観ています。
昨日は山映画の二本立てでビヨンドザエッジを観てきました。
e0182138_18485457.jpg

2014年9月6日

私達の一時帰国中と富士山に登れるタイミングが合うなんてすごいラッキーなことだし、
富士登山が出来る期間は限られていて、ほとんどのルートが9月10日で終了!
こんな良いチャンスないよ!ということで富士山行き決定。
富士山に登れる最後の週末☆

夜から登って朝日をみて日帰りで帰ろう。
本当は友人も一緒に登る約束をしていたんだけれど来れなくなってしまったので、
帰りに御殿場で一泊してくることにしました。

タイミングはちょ!良かったものの、数日前から天気予報ばかりみては凹んでいた私。
当日、午前中私は母と出かけていて、Billyは仕事だったので御殿場駅で待ち合わせをした。
この時点で雨がぽつぽつ・・・嫌だなぁ・・・
e0182138_18375978.jpg

五合目まではバス。
御殿場駅から登山バスで1時間です。

私達が乗るバスは最終。
バスのチケットを購入し、出発するまで駅前のラーメン屋でつけ麺を食べました☆
これでお腹ばっちり^^
バスに乗ると5分後くらいには爆睡をし、到着したらBillyが起こしてくれた^^

起きてびっくり。傘なんて持ってないけど傘が必要なほど降っています。
テンションがた落ちだけど最終バス(; ̄д ̄)歩くしかない!
e0182138_18381063.jpg

私は富士登山、初です。Billyは二度目。
富士登山ルートはいくつかある中、私達が選んだのは須走ルート

スタート地点の五合目は1970m
ガイドブックにはやや距離は長いが、景色に変化があるそう^^
景色なんてなーーーんも見えなかったけどね(^m^ )

1番人気ルートの吉田ルートは人数が多くて混雑することもあるみたいのでやめました。

五合目に到着したら、高山病対策のために20分~30分ほどゆっくりして高所順応をしたほうが良いみたいだけど高山病にかかったことがないので10分後くらいに出発。
山小屋も閉店時間だし、みんなは外でじっとしているけれど、じっとしていると寒すぎ(涙)

歩く前から土砂降りの雨で全くテンション上がらないわ、なんの為に歩くのか・・・!?
なーんて思いはじめたらお客さんが出るので記念撮影をしてスタート!!!(*^-^*)
e0182138_1839576.jpg

そして歩いてすぐに更にテンションがた落ち(笑)
私はあまり思い荷物を持つと歩けなくなるので荷物を最小限にした。
周りの人を見ると、めっちゃ準備万端って感じであせった・・・

着替えを持ってこなかったのと、ヒートテックを着るの忘れた(爆)
ジョギング用の長袖一枚と、ゴアテックスジャケット、薄いダウン。

こんなに大雨、土砂降りになるなんて想像もしていなかった。
デイバッグのレインカバーもないので、中に入れていたダウンは絞れるほどびっしょびしょ(_ _|||)
e0182138_18382596.jpg

念の為に購入した酸素^^ 高山病にはならなかったのでBillyがふざけて使っていました。
e0182138_18383485.jpg

山小屋があると少し休憩。
とはいっても山小屋の中に入れるわけではなく(トイレのみ使える)外で休憩するのです。
しかもありえないのが土砂降りの中、外には屋根がありません!(怒)本当にひどすぎる!!!

じっと立ったまま休憩をしていてもどんどん体温が奪われて本当に寒くて立ち止まっていられない。
5分ほど休憩をしたら出発。
まだ2時間位しか歩いていないのにどーしよーーーー^^;
「今すぐ帰りたい」って言いたかったけど口に出しても帰れないので心のなかでぶーぶーつぶやいていました。

私のジャケットゴアテックスのはずなんだけどもうすでに中までびしょびしょ!!!
パンツまでびしょびしょ・・・∑(゚□゚;)あの日のピークなんですけどw
e0182138_18392774.jpg

そして歩くこと八合目。
暗い中歩いていると、上からものすごい人が下山してきます。

「もう登ってきましたか?」と話しかけると、
「山頂はみぞれが降っていて危険なので中止です」と教えてくれるツアー会社のスタッフ。

個人なら自己責任で登ることは可能ですが危険です。と山小屋のスタッフにも言われた。
「もし遭難しても助けにいけません」と。
次々、下山してくるのと、ものすごい突風と大雨で前へ進むのも困難なほどだったので
山小屋で休憩することにした私達。

いくつか山小屋があるんだけど一軒目の山小屋にいるスタッフに
「少し休憩をしてもいいですか?」と聞いてみると「予約していないとだめ」と言われた。

外ではありえないほどの人が溢れかえっている。

富士登山中に何度も思ったことがあるんだけど山小屋の人、めっちゃ上から目線で話しかけてきて怖い。
しかもこの悪天候の中、怪我人、病人が出たらどうするのか? 
私の体は冷えきっていて、ぶるぶる震えていてもう限界だった。涙

「ちゃんと準備してこないのが悪い、自己責任」って言われればごもっともなんだけれどね。
それにしてもひどい。

富士山が世界遺産に登録って信じられないよ。
山道はごみが落ちて汚いし、人数制限しないからありえないほどの人数だし。
全然安全面、考えられてないよね。

二軒目の山小屋でも最初だめって言われたんだけど、もう明け方だったので1人3,000円払って休憩させてもらうことが出来ました。
全身びしょぬれで、デイバッグに入れていたダウン、手ぬぐいもびしょびしょ。
部屋の中で畳の上に横になっても1時間以上震えが止まらずに低体温症になった。

私は濡れた洋服を絞って広げる元気すらなく、Billyが全てやってくれ、
震え続けている私の身体をひたすら温めて、足が動くようにマッサージしてくれた。

「雨が止んだらもう下山しよう」
私は負けず嫌いだけどそんなことはどうでもよくって、100%下山することしか考えていなかった。
アタックなんてどうでもいい。それより寒すぎてやばい。。。
もし濡れていない着替えがあればすぐに回復したと思うけど暖房があるわけでもなく、服は濡れたまま。
もう本当に耐えられなかった。
e0182138_18461041.jpg

だけど3時間ほど休憩をしたら、雨は小降りになったので、
ファイト一発!!!を飲んで、歩き続けることにした私達。
e0182138_18393544.jpg

ゴールはすぐそこ!(*^-^*)
e0182138_18395856.jpg

ゴールしたけど・・・・なーーーんにも見えません(爆)(*≧m≦*)
e0182138_1840733.jpg

ちゃんと着替えを持って来れば全く問題なかった富士登山。
ちょ!甘くみていました。恐るべし、雨の寒さ!
私のジャケットゴアテックスじゃなかったの・・・!?(笑)
e0182138_18444268.jpg

「お天気は残念だったけど、寒さが辛すぎて二人で一つになって絆が深まったね」
山って面白い。歩く辛さはあるけれど登ったときの達成感は登った人にしか分からないし、
健康で歩けることの素晴らしさを噛みしめることが出来る。
e0182138_1844046.jpg

ほとんど寝ていない私達。
Billyを待っている間に寝てる私。雨があがって良かったーって喜んだ10分後、
e0182138_1843488.jpg

また土砂降り(爆)
帰りはまた人気のない御殿場ルートへ。
御殿場ルートは大砂走りっていうのがあって、砂れきが底知れず堆積した斜面を下っていきます。
欧米人に人気なのか?途中で会う人はみんな欧米人でした。
e0182138_18431296.jpg

一気に駆け下りることが出来るんだけど最初は楽しかったものの、
土砂降りで前が見えないわ、靴の中に砂が入って重たくなるわですぐに飽きちゃった(笑)
晴れていたらめっちゃ気分良いと思う^^
e0182138_1843201.jpg

お疲れ様でした\(^ ^)/
e0182138_18463186.jpg

予約していた温泉宿にチェックインしてお風呂へ。
お風呂の中で足マッサージしたらめっちゃ気持ちが良かった。
e0182138_18471775.jpg

翌朝、部屋から富士山が見えるじゃありませんか!
なんなん!?(o´_`o)
e0182138_18473564.jpg

ね、昨日の天気なんなん!?笑
e0182138_18474178.jpg

御殿場アウトレットでも富士山が見える(o´_`o)もーーー。
e0182138_1848245.jpg

美味しい回転寿司を食べて、たくさん買い物をして帰ってきました。
e0182138_184894.jpg

e0182138_18482723.jpg

帰りの電車の中から撮った写真。
「もう富士山はいいや、汚いし、人多いし」なーんて言っていたものの、
「やっぱり悔しい。登ったけどなーーーーーんにも景色見てない。」

悔しい、悔しい。なんなん?このお天気はw
「やっぱりいつかもう一度登りたい(●´∀`)」
e0182138_18483458.jpg

帰りはBillyのリクエストで大好きなドイツバーで乾杯☆
美味しいドイツの白アスパラ。
e0182138_18484029.jpg


富士山、キナバル山のように人数制限して、入山料もとってもっと管理すればいいのにな。
キナバル山登った時も洋服失敗って書いてある(笑)^^;成長してないな 笑

2014年、富士登山終了ヽ(・∀・)ノ
辛かったけど楽しかった!!!!


今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村
[PR]
by wakataylor2005 | 2014-10-11 21:22 | Japan
<< こんなに離れたのは初めて☆鳥取... 廃墟となってしまったゴーストタ... >>