バイバイ、キューバ(サンティアゴ・デ・クーバ,キューバ)

みなさんおはようございます★

2013年11月19日

サンティアゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)へ移動してきました。
私達のキューバ旅行、最後の町、サンティアゴ。
e0182138_4375626.jpg

どこにいるのか分からなくなるタイムスリップしたかのようなキューバの街並み
e0182138_4385957.jpg

映画館
e0182138_4395213.jpg

e0182138_4423322.jpg

e0182138_4432492.jpg

ディスプレイが最高^^
e0182138_4443774.jpg

タクシーをチャーターして、
e0182138_4575492.jpg

e0182138_501310.jpg

1638年に海賊からの攻撃を防ぐために建設されたモロ要塞へ。
e0182138_511583.jpg

今は博物館になっています。
旧市街から離れているのでバスかタクシーで行くのがいいと思います。
e0182138_515449.jpg

要塞に住みついているイグアナ♡
e0182138_524956.jpg

別の日、Gran Piedra へ
e0182138_54268.jpg

山の上に建つGran Piedraからの眺めは最高・・・なのにここにまでお土産屋って・・(爆)
邪魔
e0182138_55137.jpg

e0182138_553377.jpg

サンティアゴの街へ戻ってランチタイム
e0182138_562012.jpg

サンドウィッチクバーノ(sándwich cubano)
豚肉が入っていて美味し!
e0182138_57427.jpg

暑い暑いキューバでコーラ
e0182138_584227.jpg

氷屋さん
e0182138_595317.jpg

コーラをかけてくれます。8円
e0182138_51195.jpg


私達がキューバに滞在したのは2013年10月22日~11月22日まで。
ツーリストカードでは30日の滞在が可能だが、
移民局へ行き25CUCを支払うと30日の延長が簡単に出来ます。

移民局でスタンプをもらうのが本当に本当に大変だった!!!
大きな街での申請は簡単です!
最初から大きな街でやれば良かった~^^

まず25CUCの切手?のようなものを銀行で購入します。

①グアンタナモの移民局へ行ったらガイドブックの情報と休みが違っていた。
翌日は週末になるのでグアンタナモでの申請は諦めることに。

②バラコアで再度チャレンジ。
ガイドブックに記載されている場所へ行くと、◯◯の場所へ移動しました。と張り紙があった。
その場所へ行き、スタッフと話すとここではないと言われた。
張り紙の写真を撮ってきたので見せるとどうやらそのスタッフは分かっていない様子。
他のスタッフに聞くと、担当者が病気で休みなのでスタンプは押せないとのこと。

翌日、移民局へ行くと「今日は担当者のお誕生日で本人は休み」
ちょ!!!(爆)

「スタンプもらわないと私達不法滞在になってしまうし、あと二日後には日本へ帰るんです」と嘘をついてなんとかスタンプをもらおうとしたがスタンプもらえず・・

「お誕生日だからね」
1年に1度のお誕生日だもんね・・・・・( _ _ )

宿から移民局まで徒歩20分ほどの距離を4往復くらいした。
結局、バラコアの移民局ではスタンプがもらえずに諦めた。

そしてやっとサンティアゴでスタンプゲット!
サンティアゴの移民局近辺では銀行を見かけなかった気がするので最初に25CUCの切手?を購入しておくといいと思います。
e0182138_5115078.jpg



キューバはこれからどうなっていくのだろうか?

確かにホームレスは少ないし(ほとんどいない)他の中南米の国と比べると、麻薬、ギャングもいない。
配給制度があるので皆必要最低限の食料には困らず、教育、医療も無料で受けられる。
キューバ人の月給は20ドル~30ドルくらい。
1番稼げるのは客引き、観光客に接する人達かもしれない。


生きていく上で根本的な不安が少ないからみんな笑っていられるのかもしれない。

社会主義がうまくいっているのは観光収入とキューバ人の家族の誰かが他国へ出稼ぎへ行き仕送りをしてもらっている(大半がマイアミ)からだと感じた。本当に社会主義が成功していると思えない。

キューバ人の働きっぷりを見て感じた。
仕事が保証されて競争力がないと人は努力をしない。

社会主義は幸せか?
人の幸せはそれぞれだし、答えはでないけど社会主義に夢がないと思った。

私の見たキューバ人は幸せそうな人が多かった(ほんの一部しか見ていない)
娯楽の少ないキューバでは街を歩くとつねにどこからか音楽が聞こえ、歌と踊りで賑やかな夜。

夜真っ暗になっても家の前に座ってぼーっとしている人、
近所の人と遅くまでおしゃべりしている人、元気に遊んでいる子供たち。
懐かしい気持ちになった。

毎日が日曜日?と思ってしまうほどのんびりしている人達をみかける。
お昼からビールを飲んで笑っているおじさん。
日本人もキューバ人みたいにみんなもう少しのんびりすればストレスが減るのになぁって思った。

羨ましく思ったと同時に複雑な気持ちになった。
物がないキューバでこんなにもキラキラしている人達がたくさんいるのに、
私は物、お金がないと満足できない部分があることに複雑な気持ちになって少し悲しくなった。

幸せとは何か。
社会主義とは何か。
キューバ旅行中に色々なことを感じ、色々なことを考え、誰かさんと一緒に話し合った。

便利なものや、美味しいものが溢れかえる先進国で暮らす私達に大切なことを教えてくれたキューバ旅行。



e0182138_51352.jpg

これずるい!可愛すぎるっしょ♡
e0182138_5135694.jpg

帰りはサンティアゴからハバナまでバスで15時間。
夜遅くハバナに到着し一泊。

キューバで全く怪我も病気もしなかったのに、
最後の夜中に私がベッドから落ちて怪我をするというハプニング(爆)
普通のダブルベッドね(爆)

だけどこのハプニングのお陰で私はこれから二段ベッドの上段に寝なくて良くなったのだw
たまに宿泊するホステルで二段ベッドの時があるんだけど二人とも上段が嫌で取り合いになるw
あと海外の二段ベッド、柵のないこと多いしね。
ラッキー♪

朝一で空港へ。
あれ、クバーナ航空のはずが・・・・Air Tahitiだったよ(爆)(●´艸`)
e0182138_5145467.jpg


想像していたキューバと違った。
写真で見る世界と自分の目で見る世界は決定的に違う。
キューバに行けて本当に良かった。

キューバ旅行、濃かった、面白かった!
不思議な国、キューバ!!!


今日もありがとうございます★
キューバの次は2度目の南米へ
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村
[PR]
by wakataylor2005 | 2014-01-20 09:43 | Cuba
<< ブエノスアイレスおすすめのホテ... バラコアは最高!(バラコア,キ... >>