「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

らくだは楽じゃない!☆Wadi Rum

みなさんこんにちは。
予約投稿です。リアルタイムではドバイ満喫中(^_^)

Wadi Rumという砂漠ツアーへ参加してきました。
この記事は4月15日のもので2週間ほど遅れています。
e0182138_4563054.jpg

Wadi Rumはアラブ系遊牧民族"ベドウィン"が暮らす砂漠地帯。

現在は暮らしていない人がほとんどで砂漠の入り口付近の村で暮らしている。
ベドウィンのガイドによる砂漠ツアー三日間の始まりです。
e0182138_456481.jpg

景色の良いポイントへ行くと毎回岩山へ登ったり、砂漠をのぼる。
e0182138_4572170.jpg

靴の中はつねにジャリジャリw
足はどーでもいいけどレンズに砂が入らないかイジイジ気にしている私に、
だんだん疲れてくるBilly(笑)
e0182138_457318.jpg

私達は砂漠に来るのは2回目。
初めて砂漠へ行ったのはペルーで。
色々な砂漠があるのか、ペルーで見た砂漠とはちがくてWadi Rumは巨大な岩山がゴツゴツある。
私のちっぽけなカメラでは収まりきらないほど巨大岩山。
形がとても面白くて違う世界に来てしまったようだ。
e0182138_4574443.jpg
e0182138_4575824.jpg

絶景を見るために何度も何度も岩山へ登るんだけど、
運動不足ですぐに疲れるー^^; しかも暑いからね。
小さく見えるのは私ですw
e0182138_4581049.jpg

砂漠を下りるのは簡単で早い!
ペルーの時にあったサンドボード(スノボーみたいなもの)があれば気持ちが良いのになぁ・・
e0182138_4581827.jpg

e0182138_6264262.jpg

e0182138_4583016.jpg
e0182138_4584181.jpg
e0182138_4585234.jpg

てっきりテントで寝るのかと思ったらこんなにしっかりとした施設があるとはびっくり。
e0182138_4591193.jpg

ペトラビール
e0182138_4592136.jpg

毛布がぐっちゃで見た目良くないけど、、(^_^;)ちょー快適♪
ぐっすり眠れて朝から快便(爆)
朝は寒いので毛布が◎

砂漠での大切な大切なお水。
シャワーはもちろん冷たいお水。
髪の毛は洗わずに体だけ洗いました。ちょー冷たかったけど浴びた後はすっきり☆
e0182138_4592969.jpg

ここでディナーを頂きました。
e0182138_4594560.jpg

日中の砂漠はめちゃ暑くて、砂漠の岩山ハイキングをしたり、たくさん歩くから
ご飯がいつもより美味しい♪
食べ放題。つい食べ過ぎてしまうから最初少なめに頂くんだけど
あれ、少なくないか^^;
結局、二度もおかわりしたからねー。
「せっかくの旅行だしね」って理由をつけて毎度モリモリ食べてるけど
私達、長旅で毎日この調子だからこりゃー肥るわけだわ(爆)
肉もおかわり!(*・∀・*)
e0182138_4595727.jpg

翌日はまだ暑くならない早い時間から3時間かけて砂漠、岩山ハイキング。
e0182138_501271.jpg

登っているときは「もー飽きた」なーんてぶーぶーになるけれど、
どんどん高いところへ行くとやっぱり来てよかった!!!(ノ´▽`)ノと思えるほどの絶景!
e0182138_50234.jpg

山登りする人の気持ちが分かる。私もけっこう好きかもしれない(*^ー゜)v
登った時の達成感♪♪
e0182138_503375.jpg
e0182138_504645.jpg
e0182138_505861.jpg

お茶の時間が楽しみ。
この写真は違うけれど↓ランチ後のお茶タイム。
e0182138_51769.jpg

岩山のてっぺんで頂いたお茶とクッキーは最高に美味しかった(;_;)
e0182138_511827.jpg

らくだーーーーー♥\(●▽●)/
e0182138_51364.jpg

持参したワインを呑みながらサンセット。
ひろーーーい、ひろーーーーい砂漠の中で二人で見る夕日(;_;)
素敵な時間だった。
e0182138_515256.jpg

らくだに乗るのは初!
ちょーーー楽しみだったらくだ乗り。
e0182138_52688.jpg

らくだに乗って砂漠を見るなんて素敵ーーーって思っていたんだけど、
30分乗ればもーいいかも(爆)

らくだは楽だ♥(爆)
なーんてとんでもない(´_`)
e0182138_521911.jpg

1番痛いのは内股^^;あとお尻も痛い。
+暑い!!!!
らくだの歩くリズムにうまく体を合わせないと無駄に力を使ったりするから疲れる。。
e0182138_523251.jpg
e0182138_53352.jpg

私は足が短いのでwこの姿勢は内股が痛くならなくて良かった。
e0182138_535115.jpg
e0182138_54312.jpg
e0182138_541289.jpg

夜は星たちだけの時間が始まる。
音のない世界で、間違いなく人生一の星空を見た(;_;)
Billy、いつも素敵な想い出をありがとう。

らくだは楽じゃなかったヨ(>ε<*)

今日もありがとう(人∪`*)謝謝♪
お次はあの世界遺産へ♪\(≧∇≦)/

ではまた~^^
by wakataylor2005 | 2012-04-30 16:14 | Jordan | Comments(8)

特にやることがない街でも

みなさんこんばんは☆

朝食を食べたあとは散歩。
昨日は夜遅くに着いたから朝歩くのが楽しみだった。
e0182138_5351581.jpg

アカバはとても小さな街で特にこれってやることはない。
e0182138_5365648.jpg

だけど私達は観光地より特にやることがない街をけっこう気に入ることが多い。
やることがないって言っても人が住んでいるならば必ず楽しいことがある。
そしてアカバでは良いホテルに滞在したのでなにげに忙しかった。

良いホテルに滞在すると私達は部屋から出たくなくなり、
1日引きこもる(爆)1週間でも引きこもりたいくらい^^
最近は良いホテルで快適に過ごす楽しみ方を知ってしまった私達(^^)

何も予定を作らないことが幸せで、部屋でのんびりしたり、
運動したり、ネットサーフィンしたり、ドラマ見たり、お茶飲んだりする時間が幸せ。
東京でも週末家から出なくても1日中寝ていられるほどぐーたらな私です(爆)
ほんと極端な性格。
予定を作らないことが本当に嬉しい。
e0182138_5371066.jpg

というわけで、1日は少し外へ出ただけで引きこもり♥
夜はルームサービス。インドネシア料理&メキシコ料理。
e0182138_344554.jpg

街を歩けば写真撮ってって声をかけられるから幸せー。
エルサレムでは写真をお願いして何度断られたことか(;_;)
ほとんど撮るような雰囲気ではない場所が多かったな。
e0182138_5371844.jpg
e0182138_5373056.jpg

ガッツリ中近東に来たのはヨルダンが初。
e0182138_5375173.jpg
e0182138_538297.jpg

ジュース屋のお兄ちゃん
いかにも造花!!が可愛い♪
お兄ちゃんがお辞儀をしながらジュースを入れてくれます。
右のホース?みたいなところから出てくるよο(>∀<ο)
e0182138_5381024.jpg

何の味か分からなかった(笑)
ヨルダンは暑くて暑くて、ジュースが飲みたくなったら
移動歩きジュース屋さんを探した。お店で買うより楽しいし可愛いんだもんo(>ω< )o
e0182138_538208.jpg

人の写真を撮れると嬉しい♪
みんな明るくて素敵な笑顔でした。
e0182138_5383346.jpg
e0182138_5384877.jpg
e0182138_539373.jpg

ヨルダン雑貨も可愛かったよ。
ヨルダン思ったより物価が安い。
e0182138_5391853.jpg

オリーブ、ピクルス屋さん
e0182138_5393358.jpg

ハラルマーク(イスラムの教えにしたがって処理された食品)が付いているお肉屋さん
e0182138_5394788.jpg

水タバコ&スパイス
e0182138_540141.jpg

サンドアート
細い棒で夕日や砂漠、らくだを描いてくれます。
かなり重たいけどお土産に購入。
e0182138_540146.jpg

誰が買うんだろう?ムスリムは露出出来ないし、家で着るのかな~!?不思議。
e0182138_5402974.jpg
e0182138_5404019.jpg

めっちゃ欲しかった水タバコ。
って、タバコ吸わないしwもし買ってもオブジェになってほこりかぶるだけだな。

B「どうやって持って帰るの?荷物制限あるよ」と、
毎回重たいものを欲しがる私に誰かさんの一言!

W「分かってますって」
e0182138_5405056.jpg

初中近東。
中近東ってなぜか私の中であまり良いイメージがなかったのか、
全く想像つかなかったのか、未知の世界だったけどヨルダンに来て大好きになった。

ヨルダンに来るまでどこにあるのか、
何があるのかなにも知らなかったからね。

初のイスラム圏。
色々な国を旅して感じることは、宗教や文化の違い、肌の色は表面的なことで、
みんな同じ人間なんだなって思う。

当たり前のことかもしれないけれど、
旅をする前は宗教が違うと苦手意識があったり、勝手な拒否反応があった気がする。
人間の根底にある部分はみな同じなんだなと、最近色々な場面で感じる。

映像とは違い、肌で感じることが出来るのは幸せなことで旅して良かったと思える瞬間。
物事を更に客観的に見るようになったのも旅をしてから。ちょっと客観的に見過ぎなところもあるけど^^;

さて二日間、満喫したアカバとはさよならをして
砂漠ツアーへ参加します。
朝ホテルまで迎えが来てくれるらしい。
楽しみだー♪(゚∀^*)♪

今日もありがとう(o^ε-o)
またね。
by wakataylor2005 | 2012-04-28 03:47 | Jordan | Comments(9)

ジョーダンじゃないわよ、ジョーダンに到着!

みなさんこんばんは。

リアルタイムではドバイです。
昔、話題になったBurj Al Arab(バージュ・アル・アラブ)のエントランス↓
ここのホテルへ入るには滞在客か、レストラン予約をしないといけません。
ホテルへ渡る橋も渡れません。
1泊最低15万くらいするので宿泊できるわけもなく、ネットでレストラン予約をして
行って来ました。ちょー野次馬な私達w
うーん、中国人が好みそうなキンキラキンの雰囲気、
一昔前って感じ(爆)言いたい放題だけど素敵だなんて思わなかったな。
おっと失礼^^;
この記事はドバイ編でねw
お楽しみに~♪

e0182138_141050.jpg

エルサレムからバスに乗って、国境近くのバスステーションまで行きました。
バスの中でめちゃフレンドリーなレバノンに住んでいるフランス人に声をかけられた。

バスステーションから国境まで少し距離があります。

彼「バスステーションから国境までタクシーシェアしない?」
いきなりシェアしない?って言われるとびっくりするかもしれないけれど、
旅行者同士では、「少しでも安くいこう」とよくある話しです。

「OK!」

Billyはこの時ちょっと不思議に思ったらしい・・・
というのも後で不思議なトラブルが起こったからかも。
彼のまわりに他の外国人旅行者がたくさんいたのに変なタイミングで声をかけられた。

ちょーーーフレンドリーな彼。
彼は私達以外に3人グループのスペイン人親子にも声をかけていた。

バスステーションから国境までみんなでタクシーシェア。
彼はものすごく面倒見が良い。
イスラエル出国手続きをするのもみんなのことを待っていてお世話してくれた。
・・・でも、グループ旅行ではないのにどうしてそこまで優しいのかなって一瞬不思議に思った。
本当に優しいのかもしれない。

彼は私達が今回旅行してきた国についてガンガン質問してくる。
私達にすごく興味を持ってくれて嬉しい。
今回の始まりのブータン旅行からヨーロッパ旅行の話しで夢中になった。
e0182138_142336.jpg

無事ヨルダンへ。

日本人はビザ不要なので私は1番早く手続きを終えた。
Billyと彼はビザ必要で、ビザ待ちの間も3人で旅の話しに夢中。

話ししているとき、確かに彼は自分のパスポートを手に持っていたのだ。
e0182138_143646.jpg

ビザをもらった後、道路を挟んだ目と鼻の先にある両替所へ3人で向かった。
どうしようもない両替所(爆)
私は荷物をみているので外で待機。
e0182138_145596.jpg

両替をしたら、どこも寄り道をせずまっすぐに出口へ向かう。
この国境はよくあるごちゃごちゃしたややこしい国境ではなく、
時間帯にもよるだろうけど外国人旅行者は10人もいなかった。

国境に到着した時点で夜7時過ぎだった。

出口でパスポートチェック。
ここでトラブル発生!

フランス人のパスポートがない!!!(゚□゚)
私が1番先にパスポートチェックを受けて、1番最初にゲートから出たし、
重たいスーツケースもあるし、フランス人のパスポートがない騒ぎは後から知った。
私はゲートの外で荷物を見ていたのだ。

フランス人が中でパニックになっているので私は荷物を見て、
Billyはまたゲートの中に戻った。

それにしても不思議すぎる話し。
こんな場所でパスポートをなくすことってありえるかな?

考えられるのは、
①彼が本当にパスポートをなくした。
②係員に盗まれた。
③10人もいなかった旅行者が盗んだ。
④実は彼が持っている。

もし①だったら彼には失礼だけど相当なアホ。

ここの国境の雰囲気が私の言葉だけでは伝わらないのが残念だけれど、
パスポートをなくすようなところではないし、ずっと3人で話していて、一緒に行動していたから
なくす場所が考えられないのだ。
さっきも書いたけどビザ申請の窓口のあと、両替所に行っただけ。
国境で1番大切なパスポートをなくすってなかなかないよね。

②、③はリスクが高すぎる。
こんな場所で盗むメリットがあるのかわからないし見つかったら大変なことになる。

④もリスクが高い。
彼は一刻も早くヨルダンに入国したいはずだ。

Billyと二人であれこれ考えた。
もしかしたら詐欺につながるかもしれない?

例えば、
④パスポートをなくしたから、今後なにか手伝ってほしいとか、お金を貸してほしいとか。。。
だけどお財布なくしたらわかるけどパスポートなくしただけだとしたら
お金を貸すって話しにならないし。。???

「彼に色々優しくしてもらったしおいていくわけにはいかないよね」と、
どんどん時間が過ぎる中、彼を待っていた。
私とスペイン人の親子(おばあちゃん)でゲートの外で荷物を見て待機。

Billyとスペイン人の二人はゲートの中へ。
1時間経過した。

するとスタッフが懐中電灯を持って私のところへ来た。
まさかの容疑者扱い∑(゚Д゚;ノ)ノ
外はもう暗くて、懐中電灯を使って荷物チェックが始まった・・・(゚O゚;)

スペイン人のおばあちゃんは疲れきっていた。
Billyが戻ってきた。

パスポートは見つからないらしい・・・
二人でこれからどうするか話し合った。

私達がこのまま彼のことを待っていてもどうにもならない。
ここから(国境)宿泊するアカバという街までタクシーシェアをするだけで同じホテルに泊まるわけでもない。
最初は彼のことを待っていようって思ったけどスタッフからは容疑者扱いされ始めたし、
これはこの場から離れるのが正解だ。という話し合いの結果になった。

もしかしたらもっと巻き込まれる可能性がある。
(例えば私の荷物に彼のパスポートをそっと入れられてしまったり・・)
テレビや本の影響され過ぎだけど例えばいきなり麻薬が自分の荷物に入ってたりすることだってあるわけだし。
色々考えすぎだけど旅中は本当に何が起こるか分からない。


スペイン人の親子にこれからどうするか聞いた。
3人もこれ以上彼のことを待っていられないけどどうしていいか分からない様子だった。
そして同じようにまた荷物チェックが始まったので呆れていた。。

「ここで待っていてもどうにもならないので私達先に行きますね」

スペイン人「OK!」と笑顔で言ってくれたものの、
「タイミングよく先にいくなぁ~」というような表情がおばあちゃんから感じられた。

彼には申し訳ないけどこの場から離れることにした。
Billyが再度ゲートの中に入り、彼に挨拶をして私達のメールアドレスを書いて、
何かあれば連絡してと伝えてさよならをしてきた。

その後、連絡なし。
どうなったか気になるけれど分からない。

不思議すぎるよ。。。

古畑さーーーーーーーーーーん!!!!!(*´艸`)
彼のパスポートが無事に見つかればいいな(;_;)

国境からアカバという街まではタクシー20分ほど。
ホテルにチェックインしてすぐに街歩き。

イスラエルのエルサレムから来たから、普通の街のはずなのに驚いた。
いつもと同じ光景のはずなのに、ちょっと笑顔で声をかけられるだけで
ものすごく安心する。
それだけエルサレムはつねに緊迫感があったっていうか人がそっけないっていうか。
イスラエルの子供は気性が荒かった。
ヨルダンへ来てほっとしたのでした。
e0182138_153193.jpg
e0182138_154332.jpg

10時過ぎにやっとディナー。
念願の中華♥
e0182138_155957.jpg

最近食べた中華は失敗したけどここは中近東で食べる中華にしたら
まーまー美味しかった。

中華で失敗すると本当に残念になるから、いつもオーダーする前に
一品だけ頼んでもし美味しかったら他に頼もうねって話すんだけど、
出てくるまでに時間がかかることもあるし、お腹空いてるしなかなかこの作戦は実行せず、
一度に頼んでしまう・・・
e0182138_16839.jpg

遅くなってしまったのでご飯を食べて少しだけ散歩をしてホテルへ戻りました。
e0182138_161864.jpg

ちょーーー楽しかったヨルダン旅行記事始まるよo(*´▽`*)o
またね^^


今日も遊びに来てくれてありがとう(*・∀・*)
とっても嬉しいです♥
by wakataylor2005 | 2012-04-27 03:14 | Jordan | Comments(8)

バイバイ、イスラエル☆食べ物いろいろ

みなさんこんばんは☆
Billyが使うかもしれない私のPCはここ数日でPCの動きが
ちょーーーー早くなった。Billyがいろいろいじってくれたのはありがたい。
いつも見る画面が変わり、動きが早すぎて困っています^^;
アナログの私はもう少し遅い動きがいいんだけどって言ったら、その文句は認めないと怒られました(爆)


イスラエル記事の続きです。
イスラエルの食べ物を載せます。
e0182138_1862795.jpg

バナナ、忘れ物!?w
e0182138_1864957.jpg

エルサレムでアルメニア料理を食べに行きました。
トルコ料理と似てるものが多い。
e0182138_187861.jpg

初めて食べたアルメニアのスープ。
ぶどうの葉っぱの中にはハンバーグみたいなものが隠れています。
e0182138_1872136.jpg
e0182138_1873769.jpg

e0182138_1874920.jpg

イスラエル料理といえば1度は聞いたことがあるんじゃないかな。
ファラフェル!!
ひよこ豆のコロッケ。
とってもヘルシーで美味しい。
これにソースかけ放題+ピクルス食べ放題です◎
e0182138_1882684.jpg

パスオーバー中のユースホステルの朝食は驚くほど残念でした(;_;)
パンが食べれないので代わりのマッツオ
e0182138_181006.jpg

朝からパワーが出ない私達はhumus(ひよこ豆ペースト)をスーパーで買った。
humusは色々な味があってはまるはまる!!
なす入りだったり、チリ、にんにく味など色々あって選ぶのがたのし。
e0182138_18104292.jpg

お店でもメインを頼むと無料でhumusとピタパンが出てくることが多い。
ピタパンにhumusをつけて頂きます。
e0182138_1811437.jpg

イスラエルの朝食に食べるもの
shakshuka
辛いトマトソースの中にたまごが入っている。
ちょー美味しい!!!
e0182138_18113156.jpg

エルサレムにはあちこちエチオピア料理屋さんがあります。
レストランっていうよりちょー怪しいバーって感じ。
エチオピアのユダヤ人がエルサレムにいます。

そこでせっかくなのでエチオピア料理を食べてみよう!!!ってことになったのだけれど、、
メニューはないし、昼間から酔っぱらいがいるし(爆)
お店は薄暗くてとにかく怪しい!!!
めちゃ面白くなってきたヨ。

値段も何が出てくるかも分からなかった私達。

どどーーーーん!!!(^^)
エチオピア料理、インジェラ。
テフ(穀物)の粉を水で溶いて発酵させ焼いたもの。

色々な国の料理に興味がある私達。
初めて食べるインジェラは、、、、独特の香りがあってすっぱい・・
雑巾のようと言われているインジェラの噂は本当だった・・・

W「雑巾と、ゲロのミックスの臭いみたいだね」

B「そう思っても口に出さないでよ、マイナス1点」
e0182138_18115559.jpg

だけど食べれないわけではなく、カレー!?みたいなものが美味しいので、
カレーだけ食べるのもさみしくてついついインジェラと一緒に食べる。
インジェラ、作る人によって味は違うのだろうか?
気になるなぁ。。。
これ+モリモリサラダを出してくれて2人で600円。
イスラエルの物価を考えると安すぎる。
本場、エチオピアならちょー安いんだろうな。

誰かさんのびみょうな顔でインジェラの味が想像つくでしょ(^^)
e0182138_1812685.jpg

アラブ系のお店でコーヒータイム。
e0182138_18122437.jpg

ミックスグリル
e0182138_18123722.jpg

バナナ&いちごジュース
バナナだけのジュースが美味しい。珍しくない?
日本にもあったっけ?普段、バナナを好んで食べない私達だけどバナナジュースは好き。
e0182138_18125696.jpg

1番はまったミントレモンジュース。
カフェにも、屋台でも売っています。
今いるヨルダンでも何度も飲んだから中近東の飲み物なのかなぁ・・・
暑い日にぴったりのミントレモン。
ミントをミキサーで細かくしてくれると更に美味し。
e0182138_1813853.jpg

ピクルス屋台
e0182138_18135125.jpg
e0182138_1814740.jpg

観光客用のおみやげ屋、キッパ。
e0182138_18142645.jpg

スタバのマークとかキティちゃんまであったけど・・・使い道ないよね(笑)
もらったら困るお土産だけど記念に買うのかしら。
e0182138_18144016.jpg

市場へ
e0182138_1815059.jpg

オリーブ
e0182138_18151439.jpg

中近東のお菓子halva
コーヒー味とピスタチオ味がお気に入り。
e0182138_1815283.jpg

e0182138_18161899.jpg

マッツオケサディーヤ
パスオーバー期間中は色々な特別な料理が並んでいます。
マッツオの中はチーズ入り。
e0182138_18333746.jpg

オリーブ山にあるお墓
聖地の山で眠れることは幸せなんだろうね。
e0182138_1834354.jpg
e0182138_18342911.jpg

テルアビブとエルサレムは全く違う雰囲気でした。
イスラエルは興味深い国で楽しかったし、いつも全く使わない頭を使ったな。

お次は陸路でお隣のJordan(ヨルダン)へ。
すんなり入国できたはずがちょっとしたトラブルに・・・!?
またね^^

今日も遊びに来てくれてありがとう。
by wakataylor2005 | 2012-04-22 19:52 | Israel | Comments(10)

パレスチナ自治区2

みなさんおはようございます。
リアルタイムではヨルダンに滞在しています。
もうすぐ仕事が始まるBillyはさっそく私のPCを使って挨拶メールや仕事の受付をスタート。
日本に帰国した翌日からさっそく仕事が入っているので忙しくなりそうです(^ー^)
なので今は私のPCを使っているので更新は遅れ気味です(BillyのPCは壊れた)
メール返信も遅れ気味ですみません。


イスラエルの宿からみんなでヘブロンツアー(パレスチナ自治区)へ参加した。
ヘブロンツアーはこの宿で初めてのツアーだそうで、
宿のスタッフも2人参加します。

ヘブロンツアーは他の宿でもあるけれどほとんどのツアーが、パレスチナ側だけを見学するツアー。
私達が参加したのはイスラエル側と、パレスチナ側、両方見学できるツアーなのです。
e0182138_224215.jpg

防弾ガラスで2重になっているバス↓
e0182138_3493688.jpg

ヘブロンでは昔からそこに住む多数のパレスチナ人と、
少数のユダヤ人入植者(聞いた話では800人くらい)が隣同士で住んでいる。
800人のユダヤ人入植者に対して、イスラエル軍は4,000人。
たった800人のユダヤ人が4,000人のイスラエル軍に守られています。

ここは小さな博物館みたいになっています。
1929年にイスラム教徒が反乱を起こしてユダヤ人を虐殺。
亡くなった方の写真がありました。
e0182138_225392.jpg

ゴーストタウン。
昔、パレスチナ人が住んでいたところ
e0182138_231710.jpg

パレスチナ自治区には400箇所のチェックポイントがあるそうです。
e0182138_23264.jpg
e0182138_233826.jpg
e0182138_234666.jpg
e0182138_235558.jpg

怖そうに見えるイスラエルの軍人。
写真をお願いするとすんなりOKしてくれる。
e0182138_244173.jpg

ヘブロンの街並み
e0182138_245125.jpg

ユダヤ教徒で重要な人物のお墓へ。イスラエル軍の基地の中にあります。
e0182138_2514.jpg

オリーブの木
e0182138_251331.jpg

壁に、1929年にコミュニティーは破壊されたって書いてあります。
e0182138_252541.jpg
e0182138_253788.jpg

ゴーストタウンのお店の看板をじっくり見ると
「ターキッシュバス」って書いてある。
昔、トルコのハマムがあってみんなが気持ちよさそうにお風呂、アカスリをしていたんだなぁって想像すると悲しくなった。
e0182138_254872.jpg

左の道はアラブ人が歩く道
e0182138_26581.jpg

イスラム教徒とユダヤ教徒にとって大切な祈りの場
名前は違うけれど同じ建物を指していて、
この建物の半分はイスラム教徒がモスクとして祈る場所であり、
また半分はユダヤ教徒がシナゴーグとして祈る場所
e0182138_261562.jpg
e0182138_262581.jpg

ユダヤ教徒
e0182138_271436.jpg

これはイスラム教徒側から撮った写真↓
小さな鉄格子からユダヤ教徒が見える。なんとも複雑な場所。
アブラハムのお墓&寺
e0182138_272497.jpg
e0182138_273461.jpg
e0182138_274350.jpg

このセキュリティチェックを抜けると、パレスチナ側。
市場があります。パスポートチェック
e0182138_282838.jpg

マーケットは活気がある。
観光地っぽくおみやげ屋さんも並んでいた。
e0182138_284628.jpg
e0182138_285574.jpg
e0182138_29835.jpg

パレスチナ側ではパレスチナ人がガイドしてくれて、
パレスチナ人の家でランチタイム
e0182138_292088.jpg

ガイドの自宅はここから2分でいける場所にあるのに、封鎖されているために
10分以上遠回りをしなくてはいけないうえにチェックポイントがある(;_:)
封鎖されている場所が多い↓
e0182138_293914.jpg

市場の一階にはパレスチナ人が住んでいて、二階にはユダヤ人が住んでいる。
「ユダヤ人の入植者が今でもときどきゴミを投げてくるんだ」

嫌がらせを避けるために張った網
e0182138_295810.jpg
e0182138_2105652.jpg

e0182138_2184514.jpg

いきなりパレスチナガイドの自宅へ遊びに行くことになった。
この初ツアーはまだしっかりとしたツアー内容が決められていない様子でw
初めてのお試しツアーって感じの内容が◎でした。

ガイドの家↓
もともと金網がなかったけど大きな石が飛んできたので作られた金網&ブルーシート
e0182138_211645.jpg

ガイドの母の苦しくて辛かった話しを聞きました。
今でもイスラエル軍が勝手に入ってきて家の中をチェックしにくるんだって。
e0182138_211202.jpg

「辛いけど引っ越すことは考えていない」って言っていたママ。

日本の地震後の放射能のことを思い出した。
私達は日本にいる母に電話をして「今すぐこっちに来ればいい」と勝手なことを言ったのだ。
家がない私達は危険があれば自分たちのためにすぐ逃げればいいって思うし、
それがベストだと思うけれど、長年同じ地で暮らしている両親の気持ちを考えれば、
母は仕事だってあるし、思い入れがある土地をなかなか離れられない気持ちが少しわかった。

パレスチナのママの話しを聞いて日本のことを思い出した。
e0182138_2113398.jpg

ヘブロンは前回行ったベツレヘムとは全く違う雰囲気でつねに緊張感がある。

たった800人のユダヤ人入植者のために、イスラエルの軍人4,000人は必要ないんじゃないか?と思ったり。
自爆テロをしたパレスチナ人が少数でも過去に存在するわけだし厳重な警戒になるのも分かる。
パレスチナ人のエリアには自由がない。

ほんの少ししか分からなかったけれど実際に行って、見て、知ることができて良かった。
e0182138_2114477.jpg

夜はユダヤ教徒の友人とバーへ。
ユダヤ教について教えてくれたけどやっぱり無宗教の私にはわからないことばかり。
e0182138_2115483.jpg

テルアビブからエルサレムにきたとたん重たい空気で毎日観光して吸収して感じて
どっと疲れたエルサレム滞在でした。

ツアーはすべて英語で通訳してくれたBillyがいてもわからなかった。
日本に帰ったらパレスチナ問題の本を読みたいな。
今日も遊びに来てくれてありがとう。
by wakataylor2005 | 2012-04-19 04:07 | Israel | Comments(4)

みなさんおはようございます♪

いつも読んでくれてありがとう。

リアルタイムではベドウィン(アラブ系遊牧民)の砂漠ツアーへ参加中。
三日間テント♪♪
携帯からFBはできるのでたまにアップするね。

なのでPC更新は遅くなるけど待っててねー(o^ー^o)
いつも元気なので心配しないでネw


私達の半年近い長期休暇もあとほんの少し!!♪

宿のツアーに参加して、エルサレムから30分くらいの場所にある
「ベツレヘム」へやってきました。


ベツレヘムはキリストが生まれた教会がある。
それともう1つは、「パレスチナ自治区」

一度はニュースで聞いたことがあると思う。
だけど私は聞いたことがあるくらいでほとんど何も知りませんでした。
今でも分かっていないほど複雑です。

他の日にまた違うパレスチナ地区へ行くツアーへ参加したんだけれど、
ツアーに参加するたびに頭が爆発しそうになって、消化出来ずに帰ってくる。

ツアーの説明は英語で更に分からず、Billyがところどころ通訳してくれるも、
吸収するものが多すぎて難しくて。
だから伝えることは無理(;_;)
e0182138_224149.jpg

イスラエルとパレスチナ自治区の間には大きな壁が建てられています。
e0182138_224375.jpg

数名の兵士が配置されパレスチナ人を監視しています。
e0182138_2245973.jpg

この分離壁は、「テロを防ぐため」という名目で作られた壁

イスラエルが一方的に作っているように感じる。
イスラエル軍はお金もあるし、アメリカの支援もあるけれど、
パレスチナが反撃するには自爆テロしかないんだよね。

だからイスラエルは壁を作るしかなかったのかもしれない。
e0182138_2262317.jpg
e0182138_2273449.jpg
e0182138_228442.jpg
e0182138_2284991.jpg

勝手に想像していた暗い街とは違ってびっくりした。
e0182138_2291973.jpg

ベツレヘムの街は穏やかな空気が流れていて、
e0182138_2294737.jpg

言い方がおかしいかもしれないけれど普通に生活しているように見えた。
e0182138_22101340.jpg

旧市街を歩くとおみやげ屋さんが並んでいる。
e0182138_22104781.jpg
e0182138_2211674.jpg

キリストが生まれたと言われている教会へ。
ほんとー!?
e0182138_22112646.jpg

聖書のラテン語訳である翻訳者と知られているSaint Jeromeのお墓&翻訳したところ
翻訳者のBillyは彼のパワーをもらえるようにとお墓を触ってました(爆)
e0182138_22114372.jpg
e0182138_2212380.jpg

ツアーに含まれているランチ&ビール
パレスチナ料理を頂いた。
別にきたソースがちょー美味しかった♪
インドネシアのチリソース"サンバル"に似たような唐辛子ソースだったよ。
e0182138_22122034.jpg

サブウェイ!?(*´艸`)
e0182138_2212363.jpg
e0182138_22125338.jpg

日本でも売っている、パレスチナビール"タイベ"ビールの工場へ
e0182138_22131136.jpg

6本購入したよ。タイベビール美味しい。
e0182138_22132783.jpg
e0182138_22134710.jpg
e0182138_22141599.jpg

地元の人達があつまるカフェでお茶タイム。
地元の若者が水たばこを吸いながらお話ししていたり、コーヒー飲んで笑っていたり。
e0182138_22144091.jpg
e0182138_2215094.jpg
e0182138_2215266.jpg

e0182138_22154975.jpg

ほとんど知識のなかったパレスチナ問題について少し考えることができて良かった。

翌日は違うパレスチナ自治区へ行きました。
ベツレヘムとは全く違う雰囲気でゴーストタウンだったヘブロン。
ヘブロンについてはまた次に書きたいと思います。

今日も遊びに来てくれてありがとう。
この記事は予約投稿しているのでコメント返信は遅くなります。
by wakataylor2005 | 2012-04-16 05:01 | Israel | Comments(12)

離婚の対象!?☆溺れる私

みなさんおはようございます。

イスラエル旅行記事はまだ続くよ~。

イスラエルのコイン
e0182138_4594826.jpg

国立公園へ行って来ました。
e0182138_51849.jpg

ハイラックス発見!!
野生だよー。近寄ると逃げるのでなかなか写真撮れない、、、(;_;)
いつも持っているのに必要な時に忘れる望遠レンズ。
e0182138_542470.jpg

アイベックス!
アルプス山脈に生息するヤギの仲間!?
e0182138_54474.jpg

親子♥可愛い~(*^_^*)
e0182138_551763.jpg

国立公園を散歩
e0182138_56487.jpg

海外でよく行く滝
e0182138_510102.jpg

たいしたことのない滝でも観光名所になっているところが多いよね(爆)
なーんて言いながらちゃっかり記念撮影しちゃったり。
久しぶりのタイパンツーー!
タイパンが穿ける季節になったなんて嬉しい♪楽チンタイパンツ。
e0182138_513824.jpg

ここの滝より、動物のが楽しいからハイラックス探しに。
しーーーずかに近寄ると逃げないハイラックス。
可愛くて近寄ってみては逃げられてたんだけど、可愛い写真を撮ることに成功~(o^。^o)
逃げなかった。
e0182138_5133252.jpg

マサダの要塞へ。
ロープウェイか徒歩か選べます。
この日の気温は30度。
暑いし、時間も少ししかなかったので行きはロープウェイ、帰りは歩いて戻ることにした。

往復ロープウェイが良かったんだけど横で誰かさんが「健康維持、健康維持」とぶつぶつ言ってるもんでね(笑)
e0182138_5192092.jpg

死海沿岸に立つ約400メートルの山で、2001年に世界遺産に登録されたマサダ。
e0182138_5221170.jpg

紀元前120年頃に要塞が建設され、後にヘロデ大王が離宮兼要塞として改修し、
難攻不落と言われた。

66年にローマ帝国との戦争が始まり(ユダヤ戦争)、
70年のティトゥス率いるローマ軍によってエルサレムが陥落した(エルサレム攻囲戦)後、
熱心党員を中心としたユダヤ人967人がエルアザル・ベン・ヤイルに率いられてマサダに立てこもり、ローマ軍15000人がこれを包囲した。
ユダヤ人たちは2年近く抵抗したが、73年についにローマ軍によって攻め落とされた。
陥落直前にユダヤ人たちは、投降してローマの奴隷となるよりは死をと、2人の女と5人の子供を残して全員が集団自決したという。
これによってユダヤ戦争は完全に終結した。

73年のローマ軍による破壊後は長い間その所在が分からなくなっていたが、1838年にドイツ人研究者によって発見された。

wikipediaより

e0182138_5223124.jpg
e0182138_5232649.jpg

左の道はローマ軍が攻めて来た道↓
e0182138_5271018.jpg

帰りはぼちぼち下りました。
歩いて見える景色があるからやっぱり歩いて良かった♪
運動不足で翌日は筋肉痛~
e0182138_5323621.jpg
e0182138_5325685.jpg

ユダヤのルールに従って作られたマック
青マックだー!
たくさん歩いてマックへ行くなんて歩いた意味なさそうだけどね(笑)
e0182138_5331765.jpg

この時期、パスオーバーなので特別メニューしかありません。
e0182138_5333596.jpg

特別なパンにビーフ。
うーん、いまいち。
お腹空きすぎて食べかけでごめん^^;
e0182138_5335756.jpg

お次は1番楽しみにしていた場所へやってきましたー。
イスラエル人はパーティー好きっていうイメージあるのは私だけ!?
タイのカオサンにいるイスラエリーのイメージが強いな。。

音楽ガンガンでバーベキューしたり、テント張ったりしています↓
e0182138_5341860.jpg

来たよ!!!
e0182138_5343167.jpg

やってきました、死海です♪〃o(*´▽`*)o〃♪

海水の塩分濃度が3%に対して、死海は約30%
沈むことはないはず!?

みんな浮いてる!
e0182138_5344893.jpg

死海の泥パック
e0182138_535685.jpg

先日、パレスチナのビール工場で買ってきた美味しいビールを死海に持ってきた。
e0182138_5352488.jpg

うわ!!本当に浮く!!!
浮くにもバランスが必要。
e0182138_5353845.jpg

調子にのってめっちゃテンションが高い私はうつ伏せに浮こうとしたその時、
e0182138_5355260.jpg

バランスがとれずに溺れた(爆)

W「ちょっと見てないで助けてよ!」

B「ビ、ビ、ビール・・・・」

そう開けたばかりのビールを持っていた私は溺れたのでビールの中に塩水がたっぷりはいってしまったのだ・・・(-_-|||)完全に飲めなくなった、あーあ。
ゴメンネ。

死海はめっちゃしょっぱいので目に入ったらアウト。
だから顔をつけたら危険。
30分以上入っているとヒリヒリして体に良くないらしい。
ちょっと舐めてみたけど、しょっぱいっていうよりもう痛いよ。。
だって海水でも口に入ったらしょっぱいもんね。

まずはじめに溺れかけている私より、ビールのことが心配になった誰かさん

B「素直のほうがいいでしょ、ビールがだめになっていないか気になって仕方がなかった」

ちょっとちょっと!(((´∀`)))爆
ではまたね!
by wakataylor2005 | 2012-04-15 07:57 | Israel | Comments(2)

嘆き

みなさんおはようございます☆

テルアビブのホテルをチェックアウトしてタクシーでバスターミナルまで。
イスラエルのタクシーは少し高いけどしっかりメーターを使ってくれるよ◯

バスターミナルに入る前に荷物チェック(@_@;)
まさかバスターミナルに入る前にチェックがあるとは思わなかった。
しかもスーツケースの中を開けてチェックするから時間がかかるかかる^^;

バスは15分ごとに出ています。
チケットを購入しても席番号がないので早い者勝ち。
こういう時はいつも私がバスに乗って席を確保して、Billyが荷物をトランクにしまう。
2人旅はこういうとき便利◯

テルアビブからエルサレムまでたったの1時間くらいでついちゃいます。
バスターミナルから出るときもまた荷物チェック~^^;
イスラエルではあっちこちに銃を持った軍人がいて異様な雰囲気。

今回、久しぶりにお世話になるユースホステル!
"パスオーバー"過ぎ越し祭でホテルは高くなっています。

最近は良いホテルばっかりに泊まっていたからユースが汚く感じる^^;
良いところばかり行くとだめですねぇ、、^^;
この時期とはいえ、ここで1泊9,000円もするなんてーーーー(゚Д゚;)
だから良いホテルには泊まれませぬ。

長期旅行していると予算があるから無職だし、
私達は予算内でバランスをとるように、
安いホテルにしたり、中級ホテルにするときはご飯を節約したりしています。
お金に細かい誰かさんが管理しています。

ユースホステルはシーツを取り替えてくれないのはわかるけど、
1週間くらい泊まったし、私が掃除のおばちゃんに「シーツください」ってお願いするも
ちょーーー嫌な顔で「No!」って言われたからね(~ヘ~;)
断られたのは初めて(爆)ちょー感じ悪過ぎで笑えた。
運が悪いと水シャワー(爆)

ユースホステルのいいことはツアーに気軽に安く参加出来る。
他の旅人とお話し出来る、ランドリーがある←こ、これ重要!!!!
冷蔵庫がついていたのも嬉しかったな♪
ってなわけで、わくわくするユースホステル生活の始まり。
e0182138_2213628.jpg

荷物を置いて、ツアー翌日からのツアーに申し込んだりしてから、
街歩きへ。
e0182138_22133580.jpg

私達が滞在したユースホステルは新市街にあります。
ユース前にはトラムが走っているのでとっても便利。
e0182138_22135379.jpg

トラム沿いにはオシャレなカフェが並んでいます。
e0182138_2214135.jpg

旧市街まで散歩。

エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地がある街。
旧市街は、ユダヤ教徒地区、キリスト教徒地区、イスラム教徒地区、アルメニア人地区の4つに分かれています。
e0182138_22144182.jpg

アルメニア人地区↓
e0182138_2214582.jpg
e0182138_2215209.jpg
e0182138_22155040.jpg

今日の目的は嘆きの壁へ行くこと。
「嘆きの壁」

wikiによると紀元前20年頃からある城壁の壁。
4世紀以降は1年に1度しか入ることが出来なかった。
1967年以降、ユダヤ教徒に解放された。
e0182138_2216937.jpg

ルパンの次元がいっぱいw
e0182138_22162581.jpg
e0182138_22164438.jpg

祈る壁は男女別です。
男の人はキッパというユダヤ教徒がかぶる帽子をかぶります。
キッパは頭の一部を隠すことで神に対しての謙遜の意思を表す意味があるそうです。
カッパみたいw
e0182138_22171879.jpg

紙にかいた言葉をずっと読み上げて、そのあと壁に挟んでいました。
頭を壁につけたり、涙を流している人もいて、無宗教の私には場違いな場所と思った。
ユダヤ人にとって大切な大切な場所。
e0182138_0154623.jpg
e0182138_016843.jpg
e0182138_0163835.jpg

いつも写真を撮らせてってお願いするけどここではそんなこと言える雰囲気ではないので隠し撮り。
このモコモコ帽子は何でできているのか知りたかったけど、
ツアーに参加した時のガイド&友達になったユダヤ人も知らなかった。。。
分かったことは神に尊重を表すための帽子らしい。
e0182138_0165934.jpg
e0182138_0173142.jpg
e0182138_0175323.jpg

e0182138_0214112.jpg
e0182138_0221928.jpg
e0182138_0223742.jpg

キリストが最後の晩餐をした場所↓
e0182138_0225964.jpg
e0182138_0232520.jpg

キリストのお墓がある場所へ
ここはキリストが亡くなってすぐ、油を塗られた石
e0182138_0234878.jpg

みんなここで祈ったり、自分の持ち物をこすりつけていました。
e0182138_0241061.jpg

無宗教だけど触ってみる誰かさん
e0182138_0242635.jpg

キリストのお墓
長蛇の列に並ぶ人達。
私達は入りませんでした。
e0182138_0244637.jpg

宗教の力ってすごい。
なんだか神様がいるような気がしてきちゃったよ、、
エルサレムにいる人達のほとんどは何らかの宗教を信仰している。
私には理解できないことだらけでした。


さて今日から始まった"パスオーバー"過ぎ越し祭

過ぎ越し祭りとは:
昔エジプトで奴隷とされていたユダヤ人が自由となったことを祝う祭り。
この祭り期間中は"イースト"を使った食べ物は一切禁止。
このお祭りのために「種なしパン」が売られています。

うーん、特に美味しくない。。

パスオーバーのおかげで食べ物に感謝することが出来ました。
e0182138_0251144.jpg

売ってはいけないものはカバーがかけられています。スーパーにて↓
歯磨き粉にも何かの成分が入っているらしく、この期間中に特別な歯磨き粉が売られるんだよ。
何の成分か分かりません。

この時期に大掃除もするらしく、特別なクリーニングに出すらしい。
日本の年末みたいにスペシャルな時期なんだね。
e0182138_0252587.jpg

ユースホステルではタイミングよくパスオーバーディナーがあったので参加しました。
自由参加でみんなで料理を作りますが、私達は他の旅人と話しに夢中で
作らずに食べただけ(笑)
e0182138_0254195.jpg

種なしパン、マッツオ!
e0182138_0255754.jpg

何も知らないで来てしまったイスラエル。
もうすでに頭の中がごっちゃごちゃ。

明日は有名なアレに行こう☆
今日も遊びに来てくれてありがとう(^^)
by wakataylor2005 | 2012-04-14 03:42 | Israel | Comments(6)

写真で伝えるテルアビブ

みなさんおはようございます☆
イスラエル、書きたいことありすぎるのになかなか進みません。。

写真で伝えるテルアビブ~♪(o^。^o)
e0182138_6262544.jpg

海へ入るほど暑くはないけどみんな海で遊んでいました。
e0182138_6264335.jpg

エーピー、イスラエル!
e0182138_627065.jpg

新市街はオサレなお店がいっぱい。
e0182138_6271818.jpg
e0182138_6274015.jpg
e0182138_6275936.jpg

海沿いのレストランでランチタイム
e0182138_6281978.jpg
e0182138_6283932.jpg

シーフードパスタ◎
イタリアのからすみパスタに続き、今まで食べたパスタの中で2番目のお気に入り。
e0182138_6285232.jpg

旧市街まで徒歩40分
e0182138_6304953.jpg
e0182138_6312466.jpg
e0182138_6314386.jpg
e0182138_63219.jpg

見だすと止まらない雑貨マーケット
e0182138_6322463.jpg

フリーマーケットではやっぱり古い家具が気になる。
e0182138_6324631.jpg

イスラエル語のTシャツ400円くらいとお買い得
買ったのはいいけれど他の中近東の国でばれないようにしないとね。
e0182138_6334615.jpg

「写真撮って」って頼まれて見せると、
「もう1回」だってw
数回撮ったけどどれも写り同じー(^ω^)
面白いグミ屋のお兄さんでした☆グミ購入。
e0182138_6341647.jpg

とまと屋さん
e0182138_6343717.jpg

イスラエルのホワイトビール
e0182138_6393335.jpg

うま。呑みまっせ(^v^)
e0182138_6395375.jpg

マルガリータの飲み放題へ行ったのはいいけれど、
マルガリータってそんなに飲めないジャン。頭キンキン。
e0182138_6401995.jpg

飲みに行く前にホテルでオリーブ食べた。おつまみ。
e0182138_6404175.jpg

パーチー好きなイスラエル人。
バスに乗ってギャーギャー騒いでいます↓乗りたかったなw
e0182138_6411622.jpg

ごみが落ちていなくて綺麗
e0182138_6414285.jpg

毎日ホテルから見える絶景。
e0182138_6421257.jpg
e0182138_642444.jpg

観光したり、散歩したり、走ったり、飲んで食べてゆっくりした5日間。

明日は三大宗教の聖地、エルサレムへ向かいます。

今日もありがとうo(*^▽^*)o
by wakataylor2005 | 2012-04-13 07:04 | Israel | Comments(2)

イスラエルの入国は厳しい!?

みなさんおはようございます♪
4月1日の記事です。
わーい、少しずつリアルタイムに追いついてる☆
今日はめちゃ日焼けしましたww


テルアビブの空港に着いたのが深夜12時過ぎ。

入国するために列に並ぶ。
混んでいないけど1人1人の時間が長い。

イスラエルは他の中東諸国と仲がよくないので、パスポートにスタンプを押してもらっちゃうと、
他のイスラム圏や中東諸国など幾つかの国で入国拒否されることがあるんだって。

これから中近東旅行が始まるし、私のパスポートの期限が3年もあるし
出来れば押してほしくない!
みんな別紙にスタンプ押してくださいって頼むんだとか。
頼むタイミングを逃して押されてしまう人もいれば、
いじわるなスタッフにあたると押されちゃう人もいるらしい。。

入国審査では細かいこと質問されるらしいので全部答えることができるように、
ホテルの名前、住所を用意していた。

順番待ちしていると、、、
周りに並んでいる人達の入国審査、家族同士でやってるーーーー(o^ー^o)

なのでうちも家族でやろう(v'ー^)v☆

優しそうな入国審査官を選んで並ぶ。

「イスラエルにはどのくらい滞在する予定なの?」

→「3週間です」→うそ。
本当は2週間の滞在だけど多めに言わないと2週間ぴったりしかもらえないこともあるそう。
本当かどうかは分からないけど本で見た。
通常はは3ヶ月滞在出来る。

「どこへ行くの?」

→「テルアビブとエルサレム」

「どこを観光するの?」

→「テルアビブ、エルサレム」

「例えば何をするの?」
細かっ

→「海、ショッピング、死海、、」
パレスチナ自治区とは言わないほうが◯

「ホテルはどこに泊まるの?」

→「テルアビブでは◯◯、エルサレムでは◯◯」

質問攻めがちょうど終わったところで、2人とも笑顔で、
「できれば入国スタンプを別紙に押してもらいたいんですけど、、」

「何で?」

→「将来、他の中東諸国へ旅行する予定なので」

入国審査官は全く笑顔をみせずに別紙にスタンプくれました(v^∇^)v

無事スタンプなしで入国~!!\(≧∇≦)/
細かくは聞かれたものの、スムーズに入国できた♪

さて深夜の空港ではバスがなく、予約しているホテルまでタクシーです。
事前にいくらかかるか調べておいたので◯
空港からホテルまで3,700円かかりました。

私達は最近中級ホテルに宿泊しています。
イスラエルの物価は高いそうで予約したホテルの値段にびっくり。特にテルアビブ。
ユースホステルとかもあるけれど中級ホテルを探している私達。
中級ホテルの中でも安い方で1泊17,000円(@_@;)
これからのイスラエルの物価、出費にドキドキ♥
e0182138_2552360.jpg

気づけば深夜2時過ぎ。
Billyがコンビニへ買い出しに行ってくれた♪
新しい国に到着したのでビールで乾杯をして寝ました(*・∀・*)
e0182138_2554870.jpg

到着したのは深夜だったから分からなかったけど
朝起きて窓を開けると海ーーーーーーー!!
しかも寒くないo(*´▽`*)o

移動で疲れていたので目覚ましをかけずに自然に目が覚めるまでぐっすり寝た。
今日はすっきり!!!!
やっぱり睡眠は大切だね。

遅めのブランチへ。
ホテルと同じビルにあるマック。
全くわからない文字を見て新しい国へ来たんだ~!
2人ともテンションあがる。
e0182138_31166.jpg

何がなんだかわかんないヘブライ語
e0182138_321171.jpg

普通のセットを2つ購入した
e0182138_324757.jpg

高っ!!!w(゚o゚)w
これで1,780円くらい
e0182138_33124.jpg

さーて街歩きしましょうか
e0182138_2573883.jpg

なんだか怖くて、マイナスなイメージしかなかったイスラエル。
テロとかデモとか。
あとは東南アジアにいるイスラエル人=ヒッピーという勝手な私のイメージ。

え?ここイスラエル?
街の目の前に海があってめっちゃリゾートっぽいし、
イメージしていたイスラエルと違うんだけど。アレ?
めっちゃ楽しみ~o(゚∇゚*o)(o*゚∇゚)o~♪

全く知らなかったイスラエル旅行スタートです。
今日も安否確認ありがとう。相変わらず元気です(o^ー^o)
by wakataylor2005 | 2012-04-10 04:36 | Israel | Comments(10)