カテゴリ:Jordan( 6 )

ペトラからアンマンへ

みなさんこんにちは!

ペトラからアンマンまではタクシーをチャーターしました。
バスでサクッと行く方法もあるけれど、タクシーをチャーターすると、
丸1日、あちこち観光地へ連れて行ってくれます。
実際にチャーターしてきたという旅行者から相場を聞いたり、
ペトラにある数軒の旅行会社へ値段交渉したり、直接タクシーの運ちゃんと交渉したり。

相変わらずタクシーの運ちゃんはぼったくりばかりで数倍の値段を言われたけれど、
私達が納得する値段まで下がったので少しのデポジットを払い、
領収書、タクシーのナンバープレートの写メを撮らせてもらって、
翌日の朝ホテルまで迎えにきてもらうことにしました。

旅行会社を通すと安全、安心感があるけれど
今回調べた旅行会社は高額だったので止めた。

旅行者から聞いた値段は8,000円ちょいだったけど私達は9,000円。
旅行会社もピンキリでした。1番高くて15,000円ほど。
行きたい場所と(お城、教会、死海、ランチタイム、絶景ビューポイント・・)
それぞれの時間を伝えておくと◯

死ぬまでに1度は行きたい場所という英語の本の中にある、
"The King's Highway "の移動の旅です。
e0182138_1471039.jpg
e0182138_1471579.jpg
e0182138_1481766.jpg
e0182138_1482180.jpg
e0182138_1482834.jpg
e0182138_1483438.jpg

死海
e0182138_1484141.jpg
e0182138_1484888.jpg

トマト売りのお兄ちゃん
1つ頂きました。暑くて自然の中で食べるトマトはとびっきり美味しい♥
e0182138_1485542.jpg
e0182138_149260.jpg
e0182138_149860.jpg

550年頃のマダバのモザイク地図
見る前にいつもBilly先生の説明があります(笑)
e0182138_1491451.jpg

聖ジョージ教会の祭壇の前の床に描かれている古代のモザイク地図
e0182138_1492033.jpg
e0182138_1492618.jpg

他にもたくさんの観光地めぐりをして夜アンマンに到着した。
タクシーの運ちゃんと相性が良くてとても快適な移動になった。
ランチは一緒にピクニックしたり、色々気を遣ってくれた運ちゃん。
長時間一緒にいると相性って大事だよね。
e0182138_1493120.jpg

さーて、少しだけアンマン滞在をして次の国へ行きますよ♪

今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
by wakataylor2005 | 2012-05-20 14:50 | Jordan | Comments(8)

壮大なペトラ遺跡へ

みなさんこんばんは!
本日もウェルカムヽ(´▽`)/


4月17日
ペトラ遺跡へ行ってきた。

ペトラ遺跡の入口の真ん前にある素敵なホテルを予約してくれたBilly
e0182138_1372282.jpg

昨日の料理教室で仲良くなった友人に、
「ペトラ遺跡はちょー混むし、早く行かないと暑くて辛いよ」とアドバイスされたものの、
早起きが好きではない私達は8時頃に起き、ゆっくり朝食を頂いてから出発。

「人が多い」「暑い」とさんざん聞かされていたので、
ザ・観光地だと思い、そこまで期待していなかった。。

ザ・観光地の遺跡といえば、ペルーのマチュピチュ。
会う人、会う人"素晴らしい"って言うけれど私達は人が多すぎて、
そこまで感動しなかった記憶がある。
感じ方も人それぞれだもんね。
e0182138_1372885.jpg

ペトラ遺跡って聞くと何が浮かぶ?

むか~し見た、インディージョーンズ!!
せっかく行くならもう一度見よう!ということで、
ペトラ遺跡へ行く前にインディージョーンズを見ました。

インディージョーンズの撮影地として有名なペトラ遺跡だけあって、
入り口近くにはおみやげ屋さんが(^一^)
e0182138_1373445.jpg

さっそくチケットを購入して出発★
日本円にすると5,600円くらい!
高っっっ!!!!w(゚o゚)w
e0182138_1373978.jpg

入り口からはしばらく長~い道が続きます。
e0182138_1391643.jpg

私の頭の中はインディージョーンズのテーマソングが流れています。

約2000年前の遺跡、ペトラ。
・・・・ん!?

2000年前に、、、
e0182138_1392647.jpg

立派なw剣闘士!?はいたのかなぁ・・?
e0182138_1393378.jpg

2000年前!に岩を掘って削って、建造物をつくるってすごい!!
e0182138_1394480.jpg

観光客はたくさんいるけれど遺跡はちょ広いので◯
e0182138_1395047.jpg

入り口から30分くらい歩いて見えてきた
エル・カズネ(宝物殿)
正面から見ると圧巻です!
2000年前にこれだけのものを作ったなんて・・(◎。◎)
期待していなかったけどかなり良かった◎
e0182138_1310332.jpg
e0182138_1310956.jpg
e0182138_1310167.jpg
e0182138_13103110.jpg
e0182138_1310383.jpg

とにかく暑い中、歩く歩く歩く!!
遺跡の中にあるブッフェでランチタイム&休憩して、

また歩く歩く歩く。
e0182138_13104762.jpg
e0182138_13105896.jpg
e0182138_1311647.jpg
e0182138_1311158.jpg
e0182138_13112525.jpg

chu♥
e0182138_13113232.jpg
e0182138_13114238.jpg
e0182138_1311484.jpg

歩くのが嫌な人はロバ、馬、らくだの客引きがたーーーっくさんいるよ。
今までのヨルダンで会ってきた人達とは違くて、ここはヨルダンか?って思っちゃうほど
しつこい、うざい客引き。

しつこすぎてただでさえ暑くて疲れるから、
私は「ロバが嫌い」って言いながら歩いていました(笑)
お兄さんは笑っていたw

素敵な遺跡だったけど入場料5,600円はちょっと高すぎだなーと思った私達でした。。

夜は週に3回やっているペトラナイトへ。
私は昼よりこのペトラナイトを楽しみにしていたんだ。
ちょうどペトラ滞在中と重なったーーー!!

夜8時くらいから入場して、
入り口からエル・カズネまで蝋燭に灯された幻想的な風景の中を歩いて行きます。
e0182138_1534590.jpg

エル・ハズネでは音楽を聞いたりお話しをしてくれます。
e0182138_15341520.jpg
e0182138_15342476.jpg

とても神秘的な夜でした(;_:)

今日も遊びに来てくれてありがとうございます★
by wakataylor2005 | 2012-05-15 15:56 | Jordan | Comments(7)

お久しぶりです!

みなさんこんばんは!
日本へ帰国して友人と再会したり、区役所へ行ったり、両親と食事したりして
毎日あっという間に過ぎています。
Billyの仕事が忙しくて私のPCを使っているのですっかりPCを使わなくなってしまった。
ドバイと日本記事はヨルダンの後ね~w

今週末の日曜日のタイフェスティバルに行く予定だから会えれば呑みましょう♪
友人と待ち合わせしているからもし会える人はメールちょうだい★
携帯は持っているけどメールしか出来ないsimなので電話番号はありません^^;
タイ♪タイ♪タイ♪

ヨルダンの記事は続きます。
ヨルダンの人は本当にフレンドリーだったよ。
e0182138_23303772.jpg

ペトラへ向かう途中のガソリンスタンドで休憩~
e0182138_23304368.jpg

ヨルダンの人に会うと「写真撮って撮って」って言われます♪嬉しいな★
e0182138_23304945.jpg

ペトラのホテルに到着~!!!
砂漠帰りで洋服は砂まみれ、靴はジャリジャリ、髪の毛はごわごわだったので
シャワーですっきり、バルコニーがあったから洋服も洗濯できた(*・∀・*)
夕方から料理教室へ参加。
e0182138_23305525.jpg

50人くらい参加していて驚いたよ。
6人ずつに分かれて、中近東料理を習いました。
e0182138_2331521.jpg

中近東料理でよく使うひよこ豆を使ってスープを作っているBilly
e0182138_23311430.jpg
e0182138_23312150.jpg

昔はよく多国籍料理を作ってくれた誰かさん
今は全く作らないけど(笑)料理教室で活躍していた誰かさんでした(o^ー^o)
e0182138_23312654.jpg
e0182138_23313150.jpg

料理仲間
e0182138_23313694.jpg

砂漠帰りで疲れていて行くのが面倒だったけど行って良かった!!
ちょー面白かった料理教室でした。

次こそはあの遺跡へо(´▽`)о
忙しくて更新が遅れているけど気長に待っててね。
今日も遊びに来てくれてありがとう(人∪`*)謝謝
by wakataylor2005 | 2012-05-11 00:11 | Jordan | Comments(18)

らくだは楽じゃない!☆Wadi Rum

みなさんこんにちは。
予約投稿です。リアルタイムではドバイ満喫中(^_^)

Wadi Rumという砂漠ツアーへ参加してきました。
この記事は4月15日のもので2週間ほど遅れています。
e0182138_4563054.jpg

Wadi Rumはアラブ系遊牧民族"ベドウィン"が暮らす砂漠地帯。

現在は暮らしていない人がほとんどで砂漠の入り口付近の村で暮らしている。
ベドウィンのガイドによる砂漠ツアー三日間の始まりです。
e0182138_456481.jpg

景色の良いポイントへ行くと毎回岩山へ登ったり、砂漠をのぼる。
e0182138_4572170.jpg

靴の中はつねにジャリジャリw
足はどーでもいいけどレンズに砂が入らないかイジイジ気にしている私に、
だんだん疲れてくるBilly(笑)
e0182138_457318.jpg

私達は砂漠に来るのは2回目。
初めて砂漠へ行ったのはペルーで。
色々な砂漠があるのか、ペルーで見た砂漠とはちがくてWadi Rumは巨大な岩山がゴツゴツある。
私のちっぽけなカメラでは収まりきらないほど巨大岩山。
形がとても面白くて違う世界に来てしまったようだ。
e0182138_4574443.jpg
e0182138_4575824.jpg

絶景を見るために何度も何度も岩山へ登るんだけど、
運動不足ですぐに疲れるー^^; しかも暑いからね。
小さく見えるのは私ですw
e0182138_4581049.jpg

砂漠を下りるのは簡単で早い!
ペルーの時にあったサンドボード(スノボーみたいなもの)があれば気持ちが良いのになぁ・・
e0182138_4581827.jpg

e0182138_6264262.jpg

e0182138_4583016.jpg
e0182138_4584181.jpg
e0182138_4585234.jpg

てっきりテントで寝るのかと思ったらこんなにしっかりとした施設があるとはびっくり。
e0182138_4591193.jpg

ペトラビール
e0182138_4592136.jpg

毛布がぐっちゃで見た目良くないけど、、(^_^;)ちょー快適♪
ぐっすり眠れて朝から快便(爆)
朝は寒いので毛布が◎

砂漠での大切な大切なお水。
シャワーはもちろん冷たいお水。
髪の毛は洗わずに体だけ洗いました。ちょー冷たかったけど浴びた後はすっきり☆
e0182138_4592969.jpg

ここでディナーを頂きました。
e0182138_4594560.jpg

日中の砂漠はめちゃ暑くて、砂漠の岩山ハイキングをしたり、たくさん歩くから
ご飯がいつもより美味しい♪
食べ放題。つい食べ過ぎてしまうから最初少なめに頂くんだけど
あれ、少なくないか^^;
結局、二度もおかわりしたからねー。
「せっかくの旅行だしね」って理由をつけて毎度モリモリ食べてるけど
私達、長旅で毎日この調子だからこりゃー肥るわけだわ(爆)
肉もおかわり!(*・∀・*)
e0182138_4595727.jpg

翌日はまだ暑くならない早い時間から3時間かけて砂漠、岩山ハイキング。
e0182138_501271.jpg

登っているときは「もー飽きた」なーんてぶーぶーになるけれど、
どんどん高いところへ行くとやっぱり来てよかった!!!(ノ´▽`)ノと思えるほどの絶景!
e0182138_50234.jpg

山登りする人の気持ちが分かる。私もけっこう好きかもしれない(*^ー゜)v
登った時の達成感♪♪
e0182138_503375.jpg
e0182138_504645.jpg
e0182138_505861.jpg

お茶の時間が楽しみ。
この写真は違うけれど↓ランチ後のお茶タイム。
e0182138_51769.jpg

岩山のてっぺんで頂いたお茶とクッキーは最高に美味しかった(;_;)
e0182138_511827.jpg

らくだーーーーー♥\(●▽●)/
e0182138_51364.jpg

持参したワインを呑みながらサンセット。
ひろーーーい、ひろーーーーい砂漠の中で二人で見る夕日(;_;)
素敵な時間だった。
e0182138_515256.jpg

らくだに乗るのは初!
ちょーーー楽しみだったらくだ乗り。
e0182138_52688.jpg

らくだに乗って砂漠を見るなんて素敵ーーーって思っていたんだけど、
30分乗ればもーいいかも(爆)

らくだは楽だ♥(爆)
なーんてとんでもない(´_`)
e0182138_521911.jpg

1番痛いのは内股^^;あとお尻も痛い。
+暑い!!!!
らくだの歩くリズムにうまく体を合わせないと無駄に力を使ったりするから疲れる。。
e0182138_523251.jpg
e0182138_53352.jpg

私は足が短いのでwこの姿勢は内股が痛くならなくて良かった。
e0182138_535115.jpg
e0182138_54312.jpg
e0182138_541289.jpg

夜は星たちだけの時間が始まる。
音のない世界で、間違いなく人生一の星空を見た(;_;)
Billy、いつも素敵な想い出をありがとう。

らくだは楽じゃなかったヨ(>ε<*)

今日もありがとう(人∪`*)謝謝♪
お次はあの世界遺産へ♪\(≧∇≦)/

ではまた~^^
by wakataylor2005 | 2012-04-30 16:14 | Jordan | Comments(8)

特にやることがない街でも

みなさんこんばんは☆

朝食を食べたあとは散歩。
昨日は夜遅くに着いたから朝歩くのが楽しみだった。
e0182138_5351581.jpg

アカバはとても小さな街で特にこれってやることはない。
e0182138_5365648.jpg

だけど私達は観光地より特にやることがない街をけっこう気に入ることが多い。
やることがないって言っても人が住んでいるならば必ず楽しいことがある。
そしてアカバでは良いホテルに滞在したのでなにげに忙しかった。

良いホテルに滞在すると私達は部屋から出たくなくなり、
1日引きこもる(爆)1週間でも引きこもりたいくらい^^
最近は良いホテルで快適に過ごす楽しみ方を知ってしまった私達(^^)

何も予定を作らないことが幸せで、部屋でのんびりしたり、
運動したり、ネットサーフィンしたり、ドラマ見たり、お茶飲んだりする時間が幸せ。
東京でも週末家から出なくても1日中寝ていられるほどぐーたらな私です(爆)
ほんと極端な性格。
予定を作らないことが本当に嬉しい。
e0182138_5371066.jpg

というわけで、1日は少し外へ出ただけで引きこもり♥
夜はルームサービス。インドネシア料理&メキシコ料理。
e0182138_344554.jpg

街を歩けば写真撮ってって声をかけられるから幸せー。
エルサレムでは写真をお願いして何度断られたことか(;_;)
ほとんど撮るような雰囲気ではない場所が多かったな。
e0182138_5371844.jpg
e0182138_5373056.jpg

ガッツリ中近東に来たのはヨルダンが初。
e0182138_5375173.jpg
e0182138_538297.jpg

ジュース屋のお兄ちゃん
いかにも造花!!が可愛い♪
お兄ちゃんがお辞儀をしながらジュースを入れてくれます。
右のホース?みたいなところから出てくるよο(>∀<ο)
e0182138_5381024.jpg

何の味か分からなかった(笑)
ヨルダンは暑くて暑くて、ジュースが飲みたくなったら
移動歩きジュース屋さんを探した。お店で買うより楽しいし可愛いんだもんo(>ω< )o
e0182138_538208.jpg

人の写真を撮れると嬉しい♪
みんな明るくて素敵な笑顔でした。
e0182138_5383346.jpg
e0182138_5384877.jpg
e0182138_539373.jpg

ヨルダン雑貨も可愛かったよ。
ヨルダン思ったより物価が安い。
e0182138_5391853.jpg

オリーブ、ピクルス屋さん
e0182138_5393358.jpg

ハラルマーク(イスラムの教えにしたがって処理された食品)が付いているお肉屋さん
e0182138_5394788.jpg

水タバコ&スパイス
e0182138_540141.jpg

サンドアート
細い棒で夕日や砂漠、らくだを描いてくれます。
かなり重たいけどお土産に購入。
e0182138_540146.jpg

誰が買うんだろう?ムスリムは露出出来ないし、家で着るのかな~!?不思議。
e0182138_5402974.jpg
e0182138_5404019.jpg

めっちゃ欲しかった水タバコ。
って、タバコ吸わないしwもし買ってもオブジェになってほこりかぶるだけだな。

B「どうやって持って帰るの?荷物制限あるよ」と、
毎回重たいものを欲しがる私に誰かさんの一言!

W「分かってますって」
e0182138_5405056.jpg

初中近東。
中近東ってなぜか私の中であまり良いイメージがなかったのか、
全く想像つかなかったのか、未知の世界だったけどヨルダンに来て大好きになった。

ヨルダンに来るまでどこにあるのか、
何があるのかなにも知らなかったからね。

初のイスラム圏。
色々な国を旅して感じることは、宗教や文化の違い、肌の色は表面的なことで、
みんな同じ人間なんだなって思う。

当たり前のことかもしれないけれど、
旅をする前は宗教が違うと苦手意識があったり、勝手な拒否反応があった気がする。
人間の根底にある部分はみな同じなんだなと、最近色々な場面で感じる。

映像とは違い、肌で感じることが出来るのは幸せなことで旅して良かったと思える瞬間。
物事を更に客観的に見るようになったのも旅をしてから。ちょっと客観的に見過ぎなところもあるけど^^;

さて二日間、満喫したアカバとはさよならをして
砂漠ツアーへ参加します。
朝ホテルまで迎えが来てくれるらしい。
楽しみだー♪(゚∀^*)♪

今日もありがとう(o^ε-o)
またね。
by wakataylor2005 | 2012-04-28 03:47 | Jordan | Comments(9)

ジョーダンじゃないわよ、ジョーダンに到着!

みなさんこんばんは。

リアルタイムではドバイです。
昔、話題になったBurj Al Arab(バージュ・アル・アラブ)のエントランス↓
ここのホテルへ入るには滞在客か、レストラン予約をしないといけません。
ホテルへ渡る橋も渡れません。
1泊最低15万くらいするので宿泊できるわけもなく、ネットでレストラン予約をして
行って来ました。ちょー野次馬な私達w
うーん、中国人が好みそうなキンキラキンの雰囲気、
一昔前って感じ(爆)言いたい放題だけど素敵だなんて思わなかったな。
おっと失礼^^;
この記事はドバイ編でねw
お楽しみに~♪

e0182138_141050.jpg

エルサレムからバスに乗って、国境近くのバスステーションまで行きました。
バスの中でめちゃフレンドリーなレバノンに住んでいるフランス人に声をかけられた。

バスステーションから国境まで少し距離があります。

彼「バスステーションから国境までタクシーシェアしない?」
いきなりシェアしない?って言われるとびっくりするかもしれないけれど、
旅行者同士では、「少しでも安くいこう」とよくある話しです。

「OK!」

Billyはこの時ちょっと不思議に思ったらしい・・・
というのも後で不思議なトラブルが起こったからかも。
彼のまわりに他の外国人旅行者がたくさんいたのに変なタイミングで声をかけられた。

ちょーーーフレンドリーな彼。
彼は私達以外に3人グループのスペイン人親子にも声をかけていた。

バスステーションから国境までみんなでタクシーシェア。
彼はものすごく面倒見が良い。
イスラエル出国手続きをするのもみんなのことを待っていてお世話してくれた。
・・・でも、グループ旅行ではないのにどうしてそこまで優しいのかなって一瞬不思議に思った。
本当に優しいのかもしれない。

彼は私達が今回旅行してきた国についてガンガン質問してくる。
私達にすごく興味を持ってくれて嬉しい。
今回の始まりのブータン旅行からヨーロッパ旅行の話しで夢中になった。
e0182138_142336.jpg

無事ヨルダンへ。

日本人はビザ不要なので私は1番早く手続きを終えた。
Billyと彼はビザ必要で、ビザ待ちの間も3人で旅の話しに夢中。

話ししているとき、確かに彼は自分のパスポートを手に持っていたのだ。
e0182138_143646.jpg

ビザをもらった後、道路を挟んだ目と鼻の先にある両替所へ3人で向かった。
どうしようもない両替所(爆)
私は荷物をみているので外で待機。
e0182138_145596.jpg

両替をしたら、どこも寄り道をせずまっすぐに出口へ向かう。
この国境はよくあるごちゃごちゃしたややこしい国境ではなく、
時間帯にもよるだろうけど外国人旅行者は10人もいなかった。

国境に到着した時点で夜7時過ぎだった。

出口でパスポートチェック。
ここでトラブル発生!

フランス人のパスポートがない!!!(゚□゚)
私が1番先にパスポートチェックを受けて、1番最初にゲートから出たし、
重たいスーツケースもあるし、フランス人のパスポートがない騒ぎは後から知った。
私はゲートの外で荷物を見ていたのだ。

フランス人が中でパニックになっているので私は荷物を見て、
Billyはまたゲートの中に戻った。

それにしても不思議すぎる話し。
こんな場所でパスポートをなくすことってありえるかな?

考えられるのは、
①彼が本当にパスポートをなくした。
②係員に盗まれた。
③10人もいなかった旅行者が盗んだ。
④実は彼が持っている。

もし①だったら彼には失礼だけど相当なアホ。

ここの国境の雰囲気が私の言葉だけでは伝わらないのが残念だけれど、
パスポートをなくすようなところではないし、ずっと3人で話していて、一緒に行動していたから
なくす場所が考えられないのだ。
さっきも書いたけどビザ申請の窓口のあと、両替所に行っただけ。
国境で1番大切なパスポートをなくすってなかなかないよね。

②、③はリスクが高すぎる。
こんな場所で盗むメリットがあるのかわからないし見つかったら大変なことになる。

④もリスクが高い。
彼は一刻も早くヨルダンに入国したいはずだ。

Billyと二人であれこれ考えた。
もしかしたら詐欺につながるかもしれない?

例えば、
④パスポートをなくしたから、今後なにか手伝ってほしいとか、お金を貸してほしいとか。。。
だけどお財布なくしたらわかるけどパスポートなくしただけだとしたら
お金を貸すって話しにならないし。。???

「彼に色々優しくしてもらったしおいていくわけにはいかないよね」と、
どんどん時間が過ぎる中、彼を待っていた。
私とスペイン人の親子(おばあちゃん)でゲートの外で荷物を見て待機。

Billyとスペイン人の二人はゲートの中へ。
1時間経過した。

するとスタッフが懐中電灯を持って私のところへ来た。
まさかの容疑者扱い∑(゚Д゚;ノ)ノ
外はもう暗くて、懐中電灯を使って荷物チェックが始まった・・・(゚O゚;)

スペイン人のおばあちゃんは疲れきっていた。
Billyが戻ってきた。

パスポートは見つからないらしい・・・
二人でこれからどうするか話し合った。

私達がこのまま彼のことを待っていてもどうにもならない。
ここから(国境)宿泊するアカバという街までタクシーシェアをするだけで同じホテルに泊まるわけでもない。
最初は彼のことを待っていようって思ったけどスタッフからは容疑者扱いされ始めたし、
これはこの場から離れるのが正解だ。という話し合いの結果になった。

もしかしたらもっと巻き込まれる可能性がある。
(例えば私の荷物に彼のパスポートをそっと入れられてしまったり・・)
テレビや本の影響され過ぎだけど例えばいきなり麻薬が自分の荷物に入ってたりすることだってあるわけだし。
色々考えすぎだけど旅中は本当に何が起こるか分からない。


スペイン人の親子にこれからどうするか聞いた。
3人もこれ以上彼のことを待っていられないけどどうしていいか分からない様子だった。
そして同じようにまた荷物チェックが始まったので呆れていた。。

「ここで待っていてもどうにもならないので私達先に行きますね」

スペイン人「OK!」と笑顔で言ってくれたものの、
「タイミングよく先にいくなぁ~」というような表情がおばあちゃんから感じられた。

彼には申し訳ないけどこの場から離れることにした。
Billyが再度ゲートの中に入り、彼に挨拶をして私達のメールアドレスを書いて、
何かあれば連絡してと伝えてさよならをしてきた。

その後、連絡なし。
どうなったか気になるけれど分からない。

不思議すぎるよ。。。

古畑さーーーーーーーーーーん!!!!!(*´艸`)
彼のパスポートが無事に見つかればいいな(;_;)

国境からアカバという街まではタクシー20分ほど。
ホテルにチェックインしてすぐに街歩き。

イスラエルのエルサレムから来たから、普通の街のはずなのに驚いた。
いつもと同じ光景のはずなのに、ちょっと笑顔で声をかけられるだけで
ものすごく安心する。
それだけエルサレムはつねに緊迫感があったっていうか人がそっけないっていうか。
イスラエルの子供は気性が荒かった。
ヨルダンへ来てほっとしたのでした。
e0182138_153193.jpg
e0182138_154332.jpg

10時過ぎにやっとディナー。
念願の中華♥
e0182138_155957.jpg

最近食べた中華は失敗したけどここは中近東で食べる中華にしたら
まーまー美味しかった。

中華で失敗すると本当に残念になるから、いつもオーダーする前に
一品だけ頼んでもし美味しかったら他に頼もうねって話すんだけど、
出てくるまでに時間がかかることもあるし、お腹空いてるしなかなかこの作戦は実行せず、
一度に頼んでしまう・・・
e0182138_16839.jpg

遅くなってしまったのでご飯を食べて少しだけ散歩をしてホテルへ戻りました。
e0182138_161864.jpg

ちょーーー楽しかったヨルダン旅行記事始まるよo(*´▽`*)o
またね^^


今日も遊びに来てくれてありがとう(*・∀・*)
とっても嬉しいです♥
by wakataylor2005 | 2012-04-27 03:14 | Jordan | Comments(8)