カテゴリ:Tibet( 13 )

チベットの感想★宗教って何だろう?

中国から出国したのでチベットについて、
私達が感じたことを書きたいと思います。

やっとネット規制がなくフリーです。
(世界一の人口、中国を管理している政府恐るべし・・・)
(ちょっと北朝鮮みたい・・・)

e0182138_14305338.jpg

私達の勝手な意見なので、

宗教を信仰している人は読まないで下さいor違う意見の人もいるんだなと
温かく見守ってくれると嬉しいです。


チベットの寺院、離宮をまわって驚いたこと。
入場料だけでも高いのに、寺院内の写真撮影は10元~20元。

写真撮影にお金がかかるのは分かる。
けれど各部屋ごと。
部屋数がものすごく多い。2階も3階もある場合も。

びっくりした私達。
そして寺院内のトイレは有料の場合がある。

高い入場料を払っているのに、
ほとんどが汚いボットン便所(ニーハオトイレ)
私達の高いお金はどこへ・・・?

一番高くてびっくりしたのは撮影150元、ビデオ1800元。
200ドル以上!!

Billy「世界一高いよ」

二人ともいっきに神秘さがなくなり、
ぶつぶつ話しあい始めた。

「このお金はどこへ流れているかな?」

「寺院の維持費?」

「こんなにとるのはおかしい」

「運営できないのかな」

「だって他の国ではこんなに撮影料をとるのを見たことがないし、
どこの国も運営できてるよ」

Billyはガイドに思い切って聞いてみた(爆)

「この高いお金は何に使われていますか?」

そしたら「維持費」と言っていたけれど、
私達の興奮さに少しきまずくなった。

「こんなに入場料が高くて、撮影代も部屋ごと。これは中国政府だけの責任ではない気がする。
チベット側にも何か責任があるよね」

「絶対に金儲けにしか見えない」
200ドル以上かかるって・・・汗

「欲が出てるんだよ」
「そもそも宗教って欲を取り除くことによって、苦しみから逃れるんじゃないっけ?」

「宗教って社会に貢献しているかな」

そういえば中国侵略の時、中国側の1つの言い分は、

「宗教は社会に貢献していない、宗教は寄生虫みたいなものだからそれより
社会に役立つこと、例えば農業をした方が良い」

という毛沢東の意見で、数千もの寺院が破壊されたんだよね。

「中国側のやり方は大問題だと思うけど、なんだか少しわかる気がする・・」

そしてチベットに来てすごく感じたこと。
物乞いがしつこい&多い。
体を触ってくるほどつきまとってくる。

「money」
???

中国政府は「電車や学校などを作って経済的に発展させたのに、
チベットは何も努力をしない」

確かにそうかもと思った。
産業が観光以外なにもない。
祈っているだけでは明日のご飯は食べられない。

生きていくためには、自分たちで何かをしなければいけない。
チベットは発展を望んでいたかわからないけどね。

中国が正しいと言っているわけではありません。
中国はチベットに対してものすごくひどいことをしてきた。
チベット滞在中にドキュメンタリー映画をみました。

「Cry of the Snow Lion」

刑務所に30年間入所させられた人の声や、
暴動の生々しい映像。
なーんにも知らなかった私はびっくりしました。
中国のやり方は本当に本当にひどすぎる。

どっちが正しいかは分からない。
どんな体制も善悪に分けられないよね。

1番高かった写真代↓
e0182138_1431514.jpg

「宗教って一体なんだろう?」
分かりません。

「宗教はお金がかかる」

「人間は弱い生き物だから誰かに頼りたくて、神頼みをするのかな」

寺院内を歩きながら色々話していた。

「神頼みをしたって、神様はなにもしてくれない」

「結局、最後は全て自分の意志で決めること」

自分で決めた道を歩く。
誰かのせいにしてはいけないって思う。

私達は無宗教です。
(なんちゃって仏教です)

「それにしても宗教ってなんだろう?」

「これだけのたくさんの人の心を動かすってすごいパワーだね」

「二人とも同じ考えで良かった!」

「神様は自分の心だね」


色々な考えの人がいるので、
宗教を熱心に信仰している人を否定しているわけではありません。

私達の意見を書くか迷いましたが、
素直に書こうと思いました。

そういえば日本を出るちょっと前、
友人とマクドナルドでお茶をしていた時の話し。

私は友人とチベット問題について会話をしていた。
隣に座っていた親子がいきなり怒鳴り始めたのです。

「おめえら、なにもわかってねぇくせにぐちぐち言うんじゃねぇ」
「もっと勉強してから意見を言え」

中国人親子でした。
もうね、びっくりするほどの声で怒鳴られたので、
ランチタイムで混雑していたマクドナルド内のお客さんは
みんなびっくり。
私と友人が一番びっくり(汗)
しょんぼりしてしまいました・・
なーんにも言えなくなってしまった私と友人でした。
チベットを見てきた今なら少し意見を言えるかな。

フリーチベット!! そのまえに、フリーチャイナ!!だね。
国同士のもめごとは簡単な問題ではないけれど、
すりあわせながら、感謝して、
みんなが平和になりますよう。

想像していた情報で映るチベット。
実際に目で見て感じるチベット。
全然違います、良いところも悪いところも。

自分の目で見て感じることが出来たことに感謝します。

いつかチベットが自由に旅が出来るようになったら、
また来たいです。
e0182138_14311991.jpg

チベットカレンダーでの3月23日。

一年にたった一度だけ見れる砂で書いたマンダラを見ることが出来ました。
ラッキー♪
砂とは思えないほど細かく、よく出来ていました。
チベットの自然は同じ世界とは思えないほど素晴らしかったです。
e0182138_14313169.jpg


チベットも中国も大好きです(^^)


いつも読んでくれてありがとうございます♥

by wakataylor2005 | 2010-05-16 14:41 | Tibet

46時間の電車の旅★成都へ

昨日のお昼すぎに成都に到着しました。

軟座車にしたので驚くほど快適。
e0182138_1631147.jpg

私達と外国人二人。
(中国人じゃなくてよかった)

とても優しい癒し系の夫妻で仲良くしていただきました。

まわりはほとんどガラガラだったのでトイレも綺麗♪

硬座車に行ったらびっくり! 
めっちゃ臭いし、中国人のほとんどはひまわりの種を食べて床に落としてるし・・(汗)

私達のベッド♪
e0182138_16323539.jpg

酸素、酸素
e0182138_16333718.jpg

行きの飛行機の景色も素晴らしかったけど、
電車からの眺めもなかなかです♪
e0182138_16342989.jpg
e0182138_1635728.jpg

毎日のご飯がとっても楽しみ。
食堂です
e0182138_16355369.jpg

電車の中なのにう・ま・い♥
e0182138_16362885.jpg

中華はどこでもけっこう美味しい。
e0182138_1637560.jpg
e0182138_16374689.jpg
e0182138_16384797.jpg
e0182138_16392630.jpg
e0182138_16395595.jpg

景色を楽しんだり、お話し、昼寝、本、食べるの繰り返し。

成都です↓
e0182138_16411987.jpg

一緒だった夫妻とお別れをして、
私達は宿へ。
夫妻は空港へ向かいました。

ヨーロッパかアジアで再会できますよう・・・

久しぶりの都会にウキウキ★(^^)

「あーーーーシャワー浴びたい!!」

久しぶりのシャワーを楽しみに宿へ行くと・・・
シャワー壊れてる(爆)

ついてないです(+_+)
by wakataylor2005 | 2010-05-12 17:18 | Tibet

ラサを出発~★さよならチベット

e0182138_2135482.jpg

今日はラサを出発して、成都へ向かいます。
e0182138_217831.jpg

チベット、良いところも悪いところも色々な思いがありました。

中国を出国したらまた書こうと思います。
e0182138_2174032.jpg
e0182138_2181771.jpg

ラサから成都まで43時間の電車の旅。

成都に数泊して中国の旅はおしまいです。

行ってきます(*^-゚)v

いつも遊びに来てくれてありがとうございます(>▽<*)v
by wakataylor2005 | 2010-05-09 11:58 | Tibet

Mt. Everest Base Camp 2

標高はぐんぐん上がり、
気温はぐんぐん下がる。

今日の予定は8:00のバスでMt. Everest Base Camp 2へ行くこと。
車でも行けるのにバス25元を払わないといけない。
(またお金儲けか・・)

バスでたったの15分程度。
Mt. Everest Base Camp 2に到着したら、
いつもの許可証、パスポートチェック。
本当に厳しい。
e0182138_23563382.jpg

8:00出発なのに7:50分に起きた。

一緒に寝ていた外国人夫婦の奥さんは、
1人で早起きをして写真を撮っていた。
年寄りは早起きなのが困る。しかも1番寝るのが遅かったのに・・

「歳を重ねるとどうして睡眠時間が少なくて平気なんだろう?」

「私達もそういうふうになるのかな?」

不思議だねと話していた。
私達にとって睡眠はとても大切で、毎日必ず8時間寝ているのだ。

話しがそれてしまったけれど、ギリギリに目を覚ますと、
「めまいがする」

おじさん「よく眠れた?」

私「全然眠れない、頭が痛い」

おじさん「俺もだよ、めまいがする」

良かった、私だけじゃなかった。

5分で準備。といっても顔も洗う場所もなければ、
洋服も昨日のまま。

すぐにバスに乗りこんだ。

Mt. Everest Base Camp 1に戻るバスは40分後。

標高5200m★頭キンキン中↓
e0182138_23573236.jpg

小さな丘に上った。

標高は高いし、寒くて息がゼーゼーする。
お天気が悪くてMt. Everest は見れなかった。

真中にみえるはず・・・↓
e0182138_23575860.jpg

世界一の威圧感たっぷりのMt. Everestはちっとも顔を見せてはくれず、
Mt. Everest が私達に与えてくれたものは、頭痛と冷たい空気だった。
e0182138_23582438.jpg

寒いし、見れないし早く記念撮影を撮ってバスに戻ろう。
頭が痛かったので感情に浸っている場合ではなかった。

戻りのバスに乗る前に、カメラの写真チェック。
中国政府の建物、人を撮っていないか?
厳しすぎるネー。
e0182138_23584846.jpg

ここまで来る道のりはとても大変で、

ぼこぼこ道、標高が高い、空気が薄い、

まだ自由に旅をすることが出来ないチベット、

道のりが大変だったからこそ見れた素晴らしい景色、
こんな世界があったんだ。と驚く違う世界のような光景。

Mt. Everestは顔を見せてくれなかったけれど、
Mt. Everestからの空気を吸うことが出来て、

また人生のパワーになり、宝物が増えた。
e0182138_23591797.jpg

宿泊するホテルがある街まで車で8時間。

音楽を聞きながらぼーっと考えていた。
チベットに来ることが出来て本当に良かったと思う(^^)
e0182138_23594098.jpg

by wakataylor2005 | 2010-05-09 00:08 | Tibet

Mt. Everest Base Campへ

e0182138_2392897.jpg

ついに今回の旅行のメインMt. Everest Base Campへ向けて出発です。

途中ではいくつかの寺院見学、
景色の良い場所で車を止めてもらい写真を撮ったり、景色を眺めました。

Mt. Everest Base Campへ行くまでに何度も何度もチェックポイントがあります。
中国政府が無愛想にパスポートチェック、許可証チェックをします。
e0182138_23103411.jpg

チベタンは本当にピクニック好き★
寺院の中でもお茶タイム。
e0182138_23121847.jpg
e0182138_23163543.jpg
e0182138_23173798.jpg

何度見ても飽きない雪山。
チベットに来たんだ♪
e0182138_23185261.jpg

寒くても元気な子供達。
強いぞ!
e0182138_23195914.jpg

世界一高い場所にあるmonestary
e0182138_23211483.jpg

朝8:30に出発をして18:00過ぎにMt. Everest Base Campに到着。

今までで一番標高が高くなりました。
5200m

二人とも体調良好。

Mt. Everest Base Campにはたくさんのテントホテルは並んでいた。
1泊40元(1人)
e0182138_23222018.jpg

お世話になるおうちのお母さん
e0182138_2324368.jpg

外はめちゃめちゃ寒いのにテントの中は暖かい。
ヤクの糞を使って火をおこしてくれています。
e0182138_23275794.jpg

ガイド&Billy
e0182138_23291188.jpg

夕飯
e0182138_23301182.jpg
e0182138_233173.jpg
e0182138_23331442.jpg


トイレはテントから少し離れたニーハオトイレ。
トイレに行くのにものすごく寒い。

ドアも開けっぱなしなのでお尻が凍ってしまいそう・・(涙)

高校生の時みたいに、

「連れションしようよ」とBillyを誘ったら、

「連れうん〇でしょ」と言われましたw
夜は真っ暗! 震えるほど寒い。

何度も二人で連れション。
Billyは見張り番です。

寝る寸前に暖かい火は消えました。
私は布団1枚、毛布1枚かけて寝ました。
Billyは4枚。

火が消えて数時間後、寒くて寒くて眠れません。
けどテントの中は真っ暗! 
私達の他に外国人、ガイド、ドライバー、みんなが寝たころで
起きて毛布を探すわけにいかない。

うずくまって寝ることにしました。
めっちゃさむ(汗)

次の朝、、、、

つづく。
by wakataylor2005 | 2010-05-08 23:46 | Tibet

チベタンテントの中は・・・

公園内にずらりと並んでいるチベタンテント。
めっちゃ可愛い♪
e0182138_20335744.jpg

お店なのか?家なのか?
気になって中へ入ってみました。
e0182138_20343893.jpg
e0182138_20351495.jpg

お店でした。
テントといっても、中はしっかりした家でびっくり!

キッチンもあり、しっかりした家具、素敵なソファまで揃っていました。
e0182138_20361446.jpg
e0182138_20365199.jpg
e0182138_20373219.jpg

素敵な雰囲気でビールがとても美味しかった♥
by wakataylor2005 | 2010-05-08 20:40 | Tibet

こんなに美しい世界があるんだね

エベレストベースキャンプから戻ってきました。
5月4日のブログです。


朝ラサを出発しました。
まずはストーンブッダ。

どんどん標高が上がり、目的地の湖に着くころには
標高4000m以上になっていました。

途中にヤクや羊の群れ、氷河、言葉では表せないほど素敵な景色でした。

「まーだまだ知らない世界があるんだなぁ」
「知らないことのが多い」

素敵な景色をご覧ください。
実際は、私達の撮った写真の数倍も綺麗です。
e0182138_17345115.jpg
e0182138_1736577.jpg
e0182138_17364390.jpg

ヤクが歩いています↓ 寒くないのかなぁ?
e0182138_17375068.jpg
e0182138_17384581.jpg
e0182138_17395434.jpg

ヤクと記念写真。
観光客!!(笑)
e0182138_1741151.jpg
e0182138_17435085.jpg
e0182138_17452659.jpg
e0182138_17521251.jpg

ガイド&私。
似てる?★(^^)
e0182138_17525729.jpg
e0182138_17534231.jpg
e0182138_17544422.jpg

ヤクの糞で出来ているおうち♪
e0182138_17555726.jpg
e0182138_17574518.jpg
e0182138_17593675.jpg
e0182138_1872263.jpg
e0182138_18113046.jpg
e0182138_18125945.jpg
e0182138_181423.jpg

こんなに美しい世界があるんだね。
by wakataylor2005 | 2010-05-08 18:29 | Tibet

ラサ最終日★明日は・・・

e0182138_2247939.jpg

ラサを満喫した三日間。

明日は移動です。

江孜(ギャンツェ)へ行ってきます(^^)♪

高山病、今のところ全然大丈夫なので、
ビールが美味しいです。
e0182138_2248798.jpg


いつも安否確認、どうもありがとうございます(^-^)
by wakataylor2005 | 2010-05-03 22:51 | Tibet

時が止まったポタラ宮

e0182138_1565962.jpg
e0182138_1573435.jpg
e0182138_158395.jpg
e0182138_1594684.jpg
e0182138_15103441.jpg
e0182138_1511792.jpg
e0182138_1512958.jpg
e0182138_1513614.jpg
e0182138_15142266.jpg


1994年に世界遺産に登録されたポタラ宮。

行ってきました。

1日に入場できる人数が決まっており、
ポタラ宮内の見学出来る時間は1時間ほど。
入場した時間も記入して、時間制限があります。

ポタラ宮に入るときには、
空港みたいにボディチェック&荷物チェックがありました。

紅い宮は宗教的なことを行う場所、
白い宮は政治的なことを行う場所です。

いろいろな思いがありますが、
今チベットに滞在中の為、個人的な意見は控えさせていただきます。
ネット規制がされているなか、無理矢理ブログ更新をしていたのを忘れていました(汗)(汗)
中国政府が有害としたサイトを閲覧できないほか、メール内容も把握できるとか・・(汗)
恐るべし。

ポタラ宮の周りでは五体投地をしている人達がいた。

青い空に白い壁が映えていてとても迫力があった。
白い壁は新年を迎える前に、毎年塗り替えるそうです。
黒いカーテンはヤクの毛で出来たもの。
素敵でした。
by wakataylor2005 | 2010-05-03 15:34 | Tibet

Lhasaの街歩き

旧市街の中心地
e0182138_18122194.jpg
e0182138_18124652.jpg

ジョカン(大昭寺)の目の前
e0182138_18132560.jpg

お土産屋が並びます。
中心地なので、観光客だらけ。
いっぱい、いっぱいぼってきます(怒)
e0182138_18135917.jpg
e0182138_18143532.jpg

マニ車もいろいろ
e0182138_18151144.jpg

チベット原産のターコイズ
石の重さによって値段が違います。
簡単に紐を結んでネックレスにしてくれます。

小さな石を買ってもらいました★(^^)
偽物もあるようです。
e0182138_1815344.jpg
e0182138_1817078.jpg

e0182138_18181453.jpg
e0182138_18232185.jpg

後ろ姿を無断で撮ってしまいました。
素敵な髪の毛だけど重そうだ・・(涙)
e0182138_1825212.jpg

金歯はいかがですか?w
e0182138_1828915.jpg

髪の毛に編み込む糸
カラフルでかわいい★
e0182138_18284640.jpg
e0182138_18291632.jpg

チベタンは中国人と全然性格が違くておっとりしています(^^)

明日もラサ観光です。
楽しみ~~~。

みなさんはどんなゴールデンウィークを過ごしていますか?

いつも遊びに来てくれてありがとうございます★(^-^)★
by wakataylor2005 | 2010-05-02 18:44 | Tibet